拉麺店情報

横浜ラーメン六角家船橋店

外観(04.11.29)

ラーメン(04.11.29)

ラーメン玉子(04.11.29)

つけ麺(06.8.12)

キャベチャー(04.11.29)

基本メニュー ラーメン(600円)
所在地 船橋市本町7-1-1
シャポー船橋1Fラーメン横丁
電話 047-425-8141
営業時間 11:00〜23:00
定休日 なし
アクセス JR総武線「船橋駅」下車。駅ビル「シャポー船橋」1Fラーメン横丁内

 最近はつけ麺ブームなんでしょうか?ちょっと油断していたら六角家につけ麺が登場していたので早速食べてみました。 でも家系でつけ麺とはやはり正直想像がつかないというか、想像通りだったらああなるだろうなというか(爆)。かなり悩ましい時間をすごしながら待っているとつけ麺がやってきました(笑)

 まずはつけダレから♪あっ!!ほぼ予想通り♪つけ麺専用のスープをとるなんて考えられなかったもん(爆)基本のベースはやはりラーメンと同じトンコツスープのようです(笑)トンコツの濃度はバッチリ!以前のライトチューニングの印象が吹き飛びました(笑) しかし、濃度は濃いけどおかげでバランスは「?」な感じです。これに何か分からないけれど酸味が加わっている 。美味しいんだけど・・・ちょっと味にボヤケというかカッチリ味の線が通ってないというかラーメンの完成度からみると惜しいって感じです(^^;麺はラーメンの麺と同じ酒井製麺の麺なので当然短い(爆)ラーメンの時には気にならないけど、つけ麺になるとこの麺の短さが逆にとりやすく食べやすい印象。

 最後にスープ割りをお願いした所、予想通り豚骨スープで割ってます(^^; 結構ヘビーです(爆)最後はラーメンのスープを濃くして飲んでるような感覚ですが美味しくいただきました。(マッスィー)

2006.8.12

 食べてきました!!御三家の一つ六角家が船橋で食べれるなんてとても良い時代に生まれたもんです(爆)

 さて肝心のラーメン。好みを聞かれたのですがまずは全て普通でオーダー。さぁ手際よく作られて出てきたラーメンを見て「あっ!海苔の位置が!」と思わず叫びそうになりました(爆)ですが、あのお店とは違って海苔の下にチャーシューが敷いてある!!さすが御三家♪一味違います(笑)

 スープは思いのほかライトチューンな印象。もちろん豚骨や鶏ガラの動物系の甘い感じに鶏油の風味が加わり、カエシも濃すぎずバランスはバッチリ♪だけど…この先の高い完成度がチラチラと見えるだけに…あと一歩!…な感じ。これは好みというか思い入れの問題かもしれません(^^;  麺はデフォルトではビックリする程に柔らかめ。地域性の問題かもしれません。普通〜固めが好きな方は固めオーダーをオススメします。

 総じて満足いく一杯。支店でこのレベルを維持するとはやはり御三家恐るべしです(マッスィー)

2006.3.27

 昨日JR船橋駅シャポーの一角にオープンした「船橋ラーメン横丁」ですが、会社帰りに「六角家」のみ行ってみました。

 20時頃に到着したのですが、通路が狭いということもあり、ごった返しているような状態。ラーメン店3店はそれぞれ10人〜15人くらいの列を作っていました。先に食券を買ってから列に並ぶシステムなのですが、これがちょっとした混乱のタネになっていたようです。

 さて、六角家のラーメンですが、海苔が表面を覆っているビジュアル、鶏の味が前面に出た味の方向性は東白楽のお店と同様です。お客さんの後ろからフロアー係りが注文の中身を厨房に伝えていくスタイルも然り。ですが、スープの濃度は非常に薄いものでコクが感じられませんでした。以前東白楽で体験した感動はなく、物足りなさを感じました。まだ初日ということで単純に思ったような味が出せていないのか、それともわざとこういう軽いチューニングにしているのかは分かりません。物足りないと感じたのも僕個人の印象なので、こういうのが好きという方もいらっしゃるでしょう。ちよっと広くみなさんの御意見も伺ってみたいところです。(やま その2)

2004.11.30

 家系好きとしては、やはり六角家っていうのは吉村家や本牧家などと並んで、別格みたいに考えてしまうんですよね。その3軒の中で多店舗展開しているのは六角家なので、もし千葉に来るならば六角家だろうとは思っていましたが、まさか先に吉村家(直系)が出来るとは思いませんでした。柏に王道家が出来た時は嬉しさ半分、柏は遠いなぁという哀しさ半分ではありましたが、今度は船橋に六角家、いいじゃないのぉ。

 店はカウンターのみ。ちょっと高めに配置された厨房の動きがよく見えます。そしてフロアを仕切る店員さんと厨房のやりとり、もちろん見ることが出来ます。大半のお客さんは好みを聞かれるのも初めてなようで、そのやりとりが見ていて非常に楽しかったです。けっこう年輩の男性が「油は多い方がいいな!」と店員さんに。フロアの店員さんが「当店は基本でも結構油が多いのですがどうされますか?」「じゃあ普通でいいや」みたいな(笑)。威勢のいい声に、平ザルを使った見事な湯切り。駅ビルの中に入ったテナント店とは思えない、路面店のような活気と雰囲気がありました。

 最初なので好みなしのデフォルト状態で注文してみましたが、ラーメンは正直なところ、スープが非常におとなしく弱く感じました。久しく六角家を食べていないので忘れているのかも知れませんが、カエシのバランスもおとなしめだったと思います。今日の私の体調と好みで言うならば、油普通、味濃いめがベストだったかも知れません。客の入りにもよるでしょうが、ロットは8〜10くらいで回していました。麺の茹で加減は問題ありませんでした。忘れてはいけないのが、六角家といえばキャベチャ!もちろんここにもありますよ♪(Ricky)

2004.11.29