龍旗信

ジャンル

基本メニュー
龍旗信ラーメン(700円)

場所
堺市浜寺石津町西4-1-19

電話
072-245-2040

営業時間
17:00-翌2:00
11:30-14:00,17:00-翌2:00(土)
11:30-14:00,17:00-24:00(日)

定休日

 テレビ東京系の板東でも話題に上っていた店。塩ラーメンの専門の店だということで期待して足を運んでみた。鶏がベースと思われるスープはあっさりとしていて、しつこさがまるでないのだが、バランスが非常にいいというか麺や具と一緒に食べていると気がつけば食べ終わっているというラーメン。具には豆苗が乗っていたが塩ラーメンに合うということを教えてもらいました。麺は思ったよりも加水率が低めで、食感が楽しい麺。限定で出ていたつけ麺にしてみると、より麺の素性が分かり楽しめた。ご主人も二枚目の楽しい方で色々とお話をさせていただいた。大阪に行ったらまた行きたいお店だ。★★★★(2002.10.13)


阿吽亭

ジャンル
醤油

基本メニュー
こってりしょうゆ(600円)

場所
大阪市中央区千日前2-1-3

電話
06-6643-6236

営業時間
11:30-15:00,17:00-翌2:00

定休日
日祝

 すりごまラーメンというものは、関東でも見ることがあったが、なんとなく敬遠していた。期せずして大阪の街でそれを食することになった。店内にはとにかく「ゴマ」の効能が書かれていて、これはゴマをすらねばいかん、という気分にさせられる。先にゴマが出てきてそれを擂り粉木ですって待つのが作法の様だ。ゴマをすっているといい香りが漂ってきて、食欲をよりかき立てる。

 出てきたラーメンは京都チックというか、鶏が前面に出た濃厚タイプ。こってりなので鶏油も入っている。まずはゴマをかけない状態でスープを啜ってみる。口当たりは濃厚なのだけど、後味がすっきりというか、鶏臭くない綺麗な味わい。次にゴマをかけてみる。今度はゴマの香りが口中に広がって別の味わい。意外とすりゴマラーメンって美味しいかも。ラーメンの丼もすりばちになっていて面白い。

 サイドメニューに餃子があって試してみたが、いわゆるパリパリ餃子でこっちも美味しかった。★★★★(2002.10.12)


月光仮面

ジャンル
和風

基本メニュー
支那そば(600円)

場所
大阪市中央区千日前1-9-9

電話
06-6214-0283

営業時間
16:00-翌2:00

定休日

 大阪のタウンガイドで見つけたお店。大阪のラーメン本にも載っていた。それによると、洋食出身のシェフが作るラーメンなのだそうで、期待して向かってみたら思いの外探すのに苦労した。実に狭い路地にあるのだ。阪神高速の高架下を御堂筋を背中にして歩いて行くと、その路地に入る道沿いに立て看板があるので、それを見落とさなければ大丈夫。いやいや関西1週間やKansai Walkerなどにも取り上げられている人気店のようだ。

 その店は路地裏にあるだけあって、とにかく狭い。カウンター6席しかなく、厨房も狭い。そこにおばちゃんが2人いてテレビを見ている。醤油味と塩味があるのでそれを頼んでみる。おばちゃんは小鍋でスープを温めている。麺が先に茹で上がって、丼に先に入っている。後から温めたスープが入るが、この工程は意外と理にかなっているなぁ。具は菊菜にかまぼこ、温泉玉子と実に和食チックだ。

 スープは鰹が利いた和風味。ラーメンよりは日本そばに近い味わい。するするっとひっかからずに終わってしまいそうな味なのだが、そこで菊菜がいいアクセントになっていて◎。強烈な吸引力はないけれど、ほっとしたい時に食べたいラーメン。また来たいと思わせる店だった。★★★(2002.10.12)


神座千日前店

ジャンル
オリジナル

基本メニュー
おいしいラーメン(500円)

場所
大阪市中央区道頓堀1-6-32

電話
06-6213-1238

営業時間
10:00-翌7:00

定休日
なし

 大阪一の行列店と言えば、ここ神座である。確かにいつ行っても行列が出来ていて、店の前にはスピーカーが設置されていて、客が捌けると「2名様どうぞ」と厨房にいる店員さんのインカムマイクで呼ばれる。お店の中は一方通行で、行列を捌くシステムが出来上がっているのは面白い。店主が洋食出身とかで、厨房のスタッフが皆コックコートにコック帽をかぶっているのも面白い。

 そんなわけで、店に入ったらラーメンが出てくるのはとにかく早い。並んでいるうちに注文を取りに来るので、中で計算されて作っているわけですね。具はとにかく大量の白菜に豚バラ肉。スープはコンソメのような、野菜の鍋のような面白い味。旨いか不味いかと言われれば、決して不味くはないんだけど、これってラーメンの味なのかな。店内には1度じゃ分からない味と書かれていたが、個人的には並んでまで食べる程の中毒性は感じなかった。面白いラーメンだとは思うので、一度は食べてもいいかも、って感じだろうか。

 大阪の人によると、郊外などの大規模店舗があって、そこにも人は集まるのだとか。うぅむ浪花の七不思議。★★★(2001.12.23)


金龍ラーメン道頓堀店

ジャンル
豚骨

基本メニュー
金龍ラーメン(650円)

場所
大阪市中央区道頓堀1-7-26

電話
06-6211-6202

営業時間
24時間

定休日
なし

 ラーメンを食べ歩くようになる前から、大阪へ来るたびに目についていたラーメン店。そりゃそうだ、道頓堀界隈だけで何軒あるだろう。真っ赤な壁にオープンな店舗。店を仕切る扉はなくて、殆ど屋台状態のこの店は、いやでも目に入ってくる。一度は通らなければならない道なのだ、と勇気を振り絞って行ってみた。

 カウンターに自分で受取にいくスタイルで、カウンターには高菜などが置いてあって自由に入れることが出来る。スープは豚骨ベースなのだろうが、薄いなぁ。麺の量も少な目だなぁ。きっと飲んだ後にいいラーメンってこういうのなのだろうけど、いくらなんでも650円は高くありませんでしょうか。ソースがべたっとついたお好み焼きがある街で、このあっさりしているラーメンにも人が群がる。うぅむますます分からんぞ、大阪は。★★(2001.12.23)