亀戸らぁ麺零や 船橋店


外観(14.6.26)
船橋ソースラーメン(14.10.1)

所在地 船橋市本町1-3-1 船橋フェイスB1
電話 047-422-3322
営業時間 11:00〜23:00(22:45LO)
11:00〜22:00(21:45LO)
定休日 なし
アクセス JR線、東武線「船橋」駅、京成線「京成船橋」駅下車。船橋フェイスビル地下1階。

大きな地図で見る



 亀戸の人気店「亀戸らぁ麺零や」が2012年に船橋に進出し、その後も千葉、実籾と千葉県内へ精力的に出店を続けている。店主の高松さんは、らぁ麺三軒屋店主の大口さんと旧知の仲ということで、ラーメンや店作りなどは大口さんにアドバイスを貰って開業したのだとか。ゆえにベースとなるラーメンの基本設計は三軒屋のそれと同じである。船橋店は千葉進出1号店で、以前「鶏坊や」があった場所である。地階という立地ではあるが船橋駅至近ということもあって、昼夜を問わず客足は悪く無い。

 船橋に出店してきたということで、千葉拉麺通信が仕掛けている「船橋ソースラーメンプロジェクト」にも早い段階から参画して頂いている。今回10月1日よりプロジェクト店で船橋ソースラーメンがレギュラーメニュー化したが、零やの一杯はプロジェクトCLIMAXで提供したものと同じものがレギュラー化となった。ハート型の目玉焼きがビジュアル的に映えるが、これをレギュラーにしてしまったのは大変だと思うな(笑)。

 醤油ラーメンに色々あるように、ソースラーメンも味はそれぞれで、その店の個性が如実に表れてくるのが面白い。零やの「船橋ソースラーメン」(850円)は、プロジェクトの仲では比較的あっさりとしたタイプのもの。とろみのついた斬新な味わいのスープの秘密はなんと「山芋」。風味豊かなソースの香りと味わいが、とろっとした口当たりでクセになる。低加水の極細麺は博多麺とは違うタイプながらも、ザクッとした食感が軽やかでスープともマッチ。大きなバラチャーシューやヤングコーン、アスパラなどの具材も食感が良い。そしてとろとろの目玉焼きを割ればスープの味がまろやかに変化。よくよく考えれば目玉焼きにソースをかける人も少なくないので合うに決まっているよなぁ。

 女性客はもとより、地元の中学生や高校生など若い世代にも人気があるのだそうで、何度もリピートしてくれる客も少なくないのだとか。ちなみにこのメニューは千葉店、実籾店でもレギュラー化しているので、機会があれば是非足を運んで頂けたらと思う。(Ricky)

2014.10.1


Check