優勝軒

外観(07.4.19)

ラーメン(07.4.19)

角ふじラーメン(07.4.19)

もりそば(07.5.9)

基本メニュー もりそば(700円)
所在地 柏市十余二254-684
電話 04-7147-4287
営業時間 11:00〜24:00
定休日 不定休
アクセス JR常磐線「柏駅」下車。国道6号線を水戸方面へ。国道16号呼塚交差点を左折、国道沿い左側、駐車場あり。

 佐貫大勝軒系という言葉が今となっては懐かしいというか、2003年に柏に「麺屋こうじ」を出店以来、数々のラーメン店を千葉県に出店してきた田代浩二氏の新店である。大勝軒出身ということで、例えば「必勝軒」とか「常勝軒」などという面白いネーミングの店はあるが、「優勝軒」と優勝されちゃあ他の店はかなわないなぁ(笑)。ちなみに「優」というのは田代氏の娘さんの名前から取っていて、東池マスター山岸さんもこの店名には大賛成だったとか。

 店はラーメンチェーン店の居抜きということもあり、テーブル、小上がり主体で40席以上もある大きな店。店の中に入ると東池袋大勝軒のテント屋根が額装されて飾られている。メニューは「もりそば」(700円)「ラーメン」(700円)という、いわゆる大勝軒系の味に「角ふじラーメン」(700円)も食べられるという、いいとこ取りのメニュー構成。時間帯に限らず両方のタイプのラーメンが楽しめるというのは面白い。

 看板メニューの「もりそば」は打ち立ての瑞々しい麺の美味しさが楽しめる一杯で、つけダレは甘く酸味と辛味がある大勝軒スタイルで、ベーススープの濃度も低めで軽い仕上がりだが、麺がとてもいい。聞けばこれはグループの工場で作った麺ではなく、店内にある製麺機で毎日打っているのだそう。麺は基本で200g(ラーメンは150g)あるが、たくさん食べて欲しいと600gまで量を増やすことが出来るそう。東池ブレンドの粉を使った麺はつるつるしこしことして、茹で加減も固めでしっかりと水で締められている。

 これまで佐貫系といえば狭い店で行列があって比較的入りにくい店が多かったが、ここは手軽に大勝軒や角ふじの味が楽しめる、佐貫系入門編のような店だろう。家族連れには最適の店ではないかと思う。(Ricky)

2007.5.9

 優勝軒へ行ってまいりました。今や茨城を拠点に千葉県、東京都にエリアを広げている田代グループの新店。国道沿いに向けられた大きな看板は大勝軒(山岸氏)との繋がりを多いアピールした造りになっている。

 さて初訪で注文したのは「もりそば」。スープはかなり酸味を効かした味で出汁の旨さを感じにくいがこれはこれでマズマズ。具に関してもチャーシューは厚さもあり炙ってから出てくるので香ばしさが食欲をそそる。問題は麺です。茹で過ぎなのか判らないがコシがなくボソボソしていてなんとも食感悪かったです。

 まだOPENしたばかりなので慣れていない部分があると思いますが、早く改良し、がんばってほしいです。(メイソン)

2007.5.2