拉麺店情報

中国ラーメン揚州商人ダイエー津田沼店

外観(05.9.20)

長葱湯麺(05.9.20)

小炒飯(05.9.20)

中国ラーメン揚州商人ダイエー津田沼店

ジャンル
中華(揚州商人チェーン)

基本メニュー
長葱湯麺(795円)

場所
習志野市谷津1-16-1サンペデック内

電話
047-476-8809

営業時間
11:00〜翌4:00

定休日
なし

アクセス
JR総武線「津田沼」駅南口下車。ロータリーをサンペデック右の道へ。道沿い左側。ユザワヤ向かい。サンペデック内。

 元氣一杯ブランドから揚州商人ブランドへの転換が各地で行われている。気が付けば一時は元氣ダントツの売上げを誇っていた津田沼店も、揚州商人に衣替えしていた。今や元氣ブランドは千葉のみの展開で4店舗になってしまった。一方の揚州ブランドは目黒に本店を構え、千葉県内は5店舗だが都内や神奈川にも支店を展開している。

 元氣も揚州もそうなのだが、とにかくメニューが多い。そして常に新作というか季節限定のメニューが並んでいて、いつ来ても何を頼んだらいいのか迷ってしまう。これはグループ、特に家族連れに対しては非常に有効なのだと思う。いわゆるファミレスと同じスタンスを取ったメニューアプローチ。逆にラーメン好きにとってはこんなにあっても困ってしまうわけで、そうすると私の場合いつも「ネギラーメン(長葱湯麺)」になっちゃうわけで(笑)。

 一昔前の揚州のイメージはちょっと高級感のある中華料理店を模した内装だったが、いつの頃からか台湾や香港の屋台的なイメージの内装に変わっている。ここ津田沼店も例外ではなく、店の中に屋台が置いてあったり、店の中なのに外にいるような、なかなか面白い雰囲気になっている。この日は昼に行ったのだが、夜の方が雰囲気が出て楽しいだろう。

 ラーメンは非常に無難でオーソドックスな一杯。炒めたネギと豚肉が乗っていて熱々になっている塩ラーメン。これが795円っていうのはちょっと高いだろ、と思わなくもないけれど。(Ricky)

2005.9.20