横浜ラーメン一岡家

外観(04.12.26)

ラーメン+味玉(04.12.26)

基本メニュー ラーメン並(600円)
所在地 四街道市吉岡484-1
電話 043-432-8988
営業時間 11:00〜21:00
定休日
アクセス 国道51号線四街道市吉岡交差点を佐倉・成田方面へ。国道沿い右側。

 千葉拉麺通信指定強化地域・四街道に家系が登場である。国道51号を千葉市内から成田方面へ向かい、吉岡十字路を越えた右側。ここは確か以前「さつまっこ」かなんかがあった場所だったと記憶している。いずれにしても「横浜ラーメン吉岡家」とある。黄色い看板に白い文字は、それはそれで目立つ色の取り合わせ。吉岡という地名に家をつけただけなのだろうが、「ラーメン吉村家」「牛丼吉野家」などと同じく、吉岡家という字面も悪くない。

 さて肝心のラーメンであるが、ほぼインプレッションは中世脂坊さんと同じと思っていただいていい。ただ麺の硬さはデフォルトで丁度いい固さであった。味玉はおでんの玉子のような色と食感で、単体では悪くないがラーメンの具となると微妙な味付けかも。それはチャーシューも同様で、美味しいチャーシューなんだけど家系のスープには個性が強すぎるというか、これも好みの問題かもしれないが、もっと清湯系のスープの方が合っている気がした。

 ご主人と思しき方の妙なハイテンションさ加減がいい。頑張って元気な声を出しているのだが、ちょっとどこかまだ恥ずかしそうな感じ。接客などは悪くない。今後に期待したい。何しろ指定強化地域だからな、この町は。(Ricky)

2004.12.26

 早速行ってきました。吉岡十字路のすぐ近くですね。平日は辿り着くのに渋滞は覚悟です。スープは豚ゲンコツを普通に炊けばこんな味になろうかという感じ。丼に注ぎ入れる時のスープの、ごく白色は、酒々井家を思い出させます。タレは旨みが充分な、普通の醤油ダレ。鶏油は独特の甘味、鶏の香りはあまり感じられませんでした。麺は長多屋の細めの麺を柔らか目に茹でれば、こんな風になろうかというもの。卵は、茹ですぎた固めのものに、タレに長く漬け込めば、こういうふうになろうかという物。あとは特筆すべきところはありません。

 出身を尋ねると、とある家系店ででの修行とのこと。自分なんかはとかく出身店が気になり、横浜の家系店(有名どころならなおさら良)出身じゃないと正統な家系店じゃねえや、みたいな観点の低いところがありますが、豚骨醤油で鶏油中太麺なら大枠家系なんでしょうね。要は家系好きがその中で自分の好きな店を探せば良いだけの話です。話はそれましたが、ごく普通のよくある家系ラーメン店でした。不味くはないし、昼時の渋滞待ちで疲れた時に便利ですね。(中世脂坊)

2004.12.23