拉麺店情報

夜鳴き家宮田【閉店】


夜鳴き家宮田【閉店】

ジャンル

基本メニュー
らーめん(500円)

場所
柏市あけぼの5-4-6

電話
なし

営業時間
12:00〜13:45,18:00〜スープ切れまで

定休日

アクセス
JR常磐線「柏駅」西口下車。徒歩15分程度。柏厚生病院入口交差点の角。


 ラーメンは昔「夜鳴きそば」と言われていた。そんな昔ながらのラーメンを店名にした店。手作りの雰囲気がする面白い店舗には、昔の映画のポスターなどが貼られている。カウンターが10席程で、見た目よりも広めの厨房が配されている。料金は前金制、これは店主一人でやっているからだろう。

 メニューはいろいろとあるが、ご主人に伺ったところやはり基本は「らーめん」だとのこと。しかしラーメンのスープで作ったカレーというのも気になったので、「らーめん」に「カレー」の小さい盛りを注文した。和食出身の店主が作るラーメンは作り方が非常にユニーク。スープにはいわゆる骨は使ってなく、肉を煮込むことで味を出している。その他のダシとしてはアサリやカツオ、昆布などの魚介ダシに、山椒やローリエなどスパイス・香草類も加わる。そこへ岩塩を直接入れることでスープが出来る。つまり、スープでタレを割るという手法ではないということだ。麺は製麺所の麺だが、大豆を練り込んであるそうで、独特の甘みが感じられて面白い。

 全体的にスパイシーな塩ラーメンで、非常に美味しかった。が、難点があるとすればスープに加えられているゴマ油の香りがちょっと邪魔をしているというところだろうか。ゴマ油はなくてもぜんぜんいけると思う。また、カレーはかなり美味しかった。ひき肉がたっぷり入っていて和風のテイスト。これだけでもまた食べたいと思った。あとはタンタンメンや中華そばなど、ラーメンメニューで試したいものもいくつかあったので、また来てみたいと思わせる店だ。鶏のチャーシューを使った「とりらーめん」は夜のみの限定メニュー。これも試してみたいと思った。(Ricky)

2003.2.8