ラーメンハウスよっちゃん


ラーメンハウスよっちゃん

ジャンル
中華

基本メニュー
よっちゃんラーメン(700円)

場所
四街道市四街道1-2-2チェリープラザ1F

電話
043-422-5459

営業時間
11:00〜24:00/日祝11:00〜21:00

定休日

アクセス
JR総武本線「四街道」駅北口下車。ロータリー内チェリープラザビル内。


 ラーメン不毛地帯四街道、この町の駅前で固定客をつかんでいる店、それがこの「ラーメンハウスよっちゃん」である。この「よっちゃん」というのは地元で育った店主、山崎善則氏の名前に因んだものとのこと。

 四街道は高校や大学がある一種の文教エリアとしても名高く、そんな学生相手のメニューを充実させているのが特徴といえる。学生服や学生証を持っている人(つまり学生)は常時50円引き、また毎週金曜日はレディースデーと称して女性が50円引き、また毎月4のつく日は「よっちゃんの日」(笑)として、「よっちゃん」という名前の人は全て50円引き(同行者も)というサービスを提供する。つまり4のつく金曜日に女子高生や女子大生でよし子さんという人が行けば、150円も安くなるのである、すごいなぁ。とりあえず看板メニューでもある「よっちゃんラーメン」を注文する。

 店はテナントビルの一角に位置している。ゲームセンターの奥にあり、ちょっと立地としては厳しいポジション。店内はテーブル26席に小上がり8席というそこそこのキャパシティ。お昼時を外したが半分くらいの客の入りである。そして程なくして「よっちゃんラーメン」が到着。

 麺は加水率高めの縮れ麺。麺の茹で加減が柔く、コシが感じられない。スープは豚骨と鶏ガラをベースにしたと思われる醤油スープ。具はいわゆる中華あんかけであるが、その中身は豚バラ肉・白菜・タケノコ・絹さや・キャベツなどを豆板醤とニンニク、ショウガなどで強めに味付けをしたもので、多少化調に頼っている感は否めないが、それなりに美味しいあんかけ。この不毛地帯四街道にしては偏差値の高いラーメンと言えるが、やはり麺の弱さが気になるところ、麺の茹で加減一つでずいぶんと味も印象も変わるものである。

 敗因はただ一つ、厨房に立つのが主婦パートであるということ。店主は出前の配達に忙殺されているのだ。店主が厨房に立つためには、早急に出前要員の補充が必要であろう。出前要員が要れば当面の問題は解決されるはずである。頑張って欲しい店である。ちなみに回鍋肉とラーメンのセットの「よっちゃんランチ」は夜でも注文出来人気が高くお薦めである。(Ricky)

2000.6.3