ラーメン山一

外観(08.10.17)

山一ラーメン(08.10.17)

ラーメン(08.10.17)

基本メニュー 山一ラーメン(600円)
所在地 野田市山崎1968-5
電話 04-7121-0653
営業時間 11:30〜14:00,17:00〜22:30
定休日
アクセス 東武野田線「梅郷」駅下車。踏切から国道16号方面へ。道沿い右側。駐車場あり。

 東武野田線梅郷駅からすぐのところに出来た新店である。偶然通りかかって立ち寄った店で、正直外観はあまりそそられなかったのだが、これがなかなか頑張ってらっしゃるお店だった。

 新店ながら古いイメージなのは居抜きだからだろう。席はカウンターのみで奥に広めの厨房があるのだが、このカウンターが変則的な作りになっていて、しかもカウンターの中に券売機がある。注文はお店の方に言うのだが、その時にお金を渡して券売機で食券を買ってもらうシステム。なんだかややこしい(^^; 店内の壁には新聞のおまけだろうか、世界の名画の縮刷版がいっぱい張られている。ラーメンは3種類で「山一ラーメン(野菜ラーメン)」(600円)「ラーメン」(550円)「野菜つけめん」(700円)。しかしトッピングに「火山」(150円)や「担担ゴマ味噌」(200円)というのがあるので、これを足せば色々な味が楽しめる、ということだ。

 年輩のご主人が一人で切り盛りされている。以前近くで別の屋号でやってらっしゃったそうだが、移転しての再スタートらしい。店内の張り紙に目をやると「店(うち)のスープは東京で旨いと言われるお店の倍の旨味成分です」と、突っ込みどころ満載の能書きが書かれている(爆)。さらに「前店ではTV局に出演を依頼されるほど味(スープ)が自慢です」との文言。そして厨房では手際よく野菜を炒めるご主人。これは期待が高まるというものだ。

 「山一ラーメン」はいわゆるタンメンの野菜が少ないバージョンで、二郎系やタンメン好きには物足りない野菜の量だろうが、個人的にはあの野菜の量は持て余してしまうのでこのくらいがちょうどいい。スープはひと昔前によく味わったことのあるいわゆるゲンコツラーメン的なスープで、甘めのカエシが強く出ているのだが、適度に豚の旨味と野菜、魚介も感じられるバランスがいい。炒められた野菜の食感も甘さもいい感じ。麺は平打ち麺で柔らかすぎず固すぎずの茹で加減で、スープを適度に拾ってくる。

 いわゆる今流行のラーメンとは違う、どこか懐かしさのある豚骨醤油ラーメン。インパクトや個性はあまり感じないが、普通に美味しいラーメンだ。何よりも野菜が入って600円という価格設定が嬉しいじゃないですか。ご主人の愛想のいい接客と仕事振りも気持ち良い。遠くからわざわざ行くような店ではないのだろうが、近くの方は一度行っても損はないと思う。(Ricky)

2008.10.17