らぁめんと餃子の店 麺屋わたる


らぁめんと餃子の店 麺屋わたる


外観(13.7.22)
らぁめん(13.7.22)
特製ジャンボ餃子(13.7.22)

所在地 千葉市花見川区幕張本郷1-3-11
電話 043-351-8261
営業時間 11:00〜翌1:30(LO)
定休日 なし
アクセス JR総武線、京成線「幕張本郷」駅下車。ロータリー右側の道沿い右側。

大きな地図で見る



 幕張本郷駅前に2011年の1月にオープンしたチェーン店。「がぜん」「メヒコ」など外食チェーンを展開するEKCのラーメン業態でここが1号店。その後、埼玉、韓国に出店している模様。情報は頂いていながらも直後に震災があったりで、オープンしてからなかなか足を運べずにようやくの訪問。学生時代にバイトをしていた学習塾が入っていたビルの1Fなのでどことなく懐かしい。その頃はここに何が入っていたかな。もう覚えていないけれど。

 店はテーブル席主体でL字カウンターもあり、厨房は奥にある。夕方前の時間帯ということもあって、先客後客それぞれ1名で、スタッフもこの時間は1名で回している様子。メニューは「らぁめん」「味噌らぁめん」「味噌つけ麺」が基本で、あとはトッピングのバリエーション。また店名にも掲げられているように「特製ジャンボ餃子」がウリのよう。唐揚げセットや餃子セットなどのセット類も豊富に揃うほか、アルコール類も多いので、夜は居酒屋的にも使えそう。「らぁめん」(680円)「特製ジャンボ餃子(ハーフ)」(250円)をオーダーしてみた。

 「らーめん」は一言でいえば濃厚背脂豚骨醤油ラーメン。醤油ダレの合わせ方が家系ラーメンを少し連想させるが、油分はスープと乳化していて表面に背脂や揚げネギが浮いていたりと、オリジナリティを出そうという姿勢が感じられるもの。とはいえ既視感は強く、敢えて言うならばラーメンショップ系のスープをより強化したような印象だ。麺は凡庸な中細麺で特筆すべき点はないが、スープの粘度もあるので絡みは悪くない。パッケージとしてはうまくまとめてある一杯であると思う。

 むしろこの店で印象に残ったのは「特製ジャンボ餃子」。15cmほどの長さがある大きな餃子は銀座天龍の餃子を思わせるほどの大きさ。ハーフだと2個なのだが、ラーメンのサイドメニューとしては2個で十分すぎるボリューム。野菜が多めに入った餡には背脂も練り込まれていて、なかなか頑張っている餃子だと思った。個人的にはもう少し表面はカリッと皮はもちっと仕上げて貰えたら嬉しいけれど。(Ricky)

2013.7.22


Check