和製らーめん漁だし亭


和製らーめん漁だし亭

ジャンル
醤油

基本メニュー
漁だしらーめん(600円)

場所
船橋市本町4-42-4

電話
047-460-0099

営業時間
11:30〜15:00,17:30〜24:00

定休日
なし

アクセス
JR総武線「船橋駅」南口下車。京成踏切を越えて直進。ダイソー向かいの路地(仲通り商店会)を左折。道沿い右側。


 開店以来なかなか行けずにいた宿題店。日曜のお昼時ということもあって、店は中待ちと外待ち合わせて10名ほど。結構人気のお店のようだ。

 店のウリは「漁だしスペシャル」(800円)のようだが、やはり基本の「漁だしらーめん」(600円)を注文。いつもの調子で味玉をトッピングしたら、半玉はデフォで乗っていたらしい。なので1個半食べることとなった。半熟の玉子は可もなく不可もなく。スープは見た目真っ黒のスープだが、それといって醤油が立っているわけでもなく、魚ダシというほど魚魚しているわけでもない。節系の味はもちろん感じられるが、非常にあっさりとしていてインパクトに欠けるといった印象か。麺は浅草開化楼の中太麺で加水率は低めで、この濃い色のスープを吸って麺の色も変わっている。わりとボソッとした食感の麺だ。具は七輪で炙った大きめ厚めのチャーシューに、メンマ、青菜、海苔、ネギなど。海苔は大きな海苔と思ったら半分に切ってあった(笑)。

 他のメニューには「しお玉らーめん」(750円)「和製つけめん」(650円)などがあったが、とりあえずつけ麺を。こちらは麺が平打ちの太麺で、若干縮れがかかっている。こちらの麺はラーメンの麺と違った麺帯を使っているようで、もちもちとした食感になっている。ただこちらもやはりつけダレが弱い。決してまずいわけではなく、するっとさらっといってしまう。をを!と訴えてくる何かが足りないのだ。うぅむ、決して悪くはないんだけれど、なんか物足りない。

 このお店は居酒屋を経営する店のラーメン事業なのだそうだが、いや本八幡の「かっぱ」に非常によく似ている。ラーメンの構成要素にビジュアル、店の雰囲気、麺、メニュー名に至るまでクリソツ。なんか関係あるのかなぁ。(Ricky)

2004.3.7


 微妙な位置にありましたが店を発見し行ってきました!しかも3回。『漁だしラーメン』はダシがきいてて美味しかったです。それよりも『塩玉ラーメン』のチャーシューの代わり(?)のハマグリが凄い良かったですねぇ。ユズも効いてて美味しいですし。サービスもダシも濃さ調整、ユズの有無、水にも備長炭が…つけ麺の汁の温度がさめないように熱した石も入ってました!ご飯2種類と本日のデザートってのもありました。

 今船橋では『漁だし亭』をオススメします!あと『まねきねこ』の塩ラーメン&シュウマイもなかなか美味しいですよ!(麺人)

2003.12.19


 ごんた556さん、ももちちさんがご紹介済みの通り、船橋に新店が登場(といってもひと月半くらい前)したので、遅ればせながら行ってまいりました。

 このお店、経営母体が「こだわりもん一家」という船橋や津田沼などで展開している居酒屋だそうです。今年の4月におむすびやさんとして同じ場所に開店し、その後居酒屋の方で和食の職人さんがラーメン作りを研究していて、その研究の末完成をみたので、おむすびやさんを改築し、ラーメン専門店として改めて開店したというのが経緯です。

 外観、内装とも流行りの和風デザインで落ち着いた造りで、店内へ入るとラーメン屋らしからぬ、火で魚を炙ったような匂いがたちこめています。L字のカウンターに10席が並んでいて、そのカウンターで囲まれた厨房に2人のスタッフが切り盛りしています。メニューは麺類が5種のほかに、小丼ものやおむすび、デザートに杏仁豆腐もあります。僕は基本メニューと思われる漁だしらーめんにトッピングを追加した漁だしスペシャルをオーダー。そのトッピングは一般的なラーメンとやや趣を異にしています。刻みねぎ、味玉はよいとして、湯通しした水菜、七輪で炙った大判の海苔と角煮のようなチャーシュー、更に胡参竹、サザエのスライスがのっていて、見た目にオリジナリティを感じます。

 さてお味のほうはというと、濃口醤油の色をした澄んだスープはトンコツ、鶏ガラにカツオ、サバ、イワシを加えた和出汁で、エグミを感じる一歩手前くらいの魚の香りでいい塩梅なのですが、少々油が調和していないというか、飲んだあとに口に油がまとわりつく感じがちょっと気になります。動物系も弱いので、あまりガツン度はないのですが、安心して啜れるタイプのスープでした。麺は加水がやや低めの中太ややちぢれで、スープを吸って味にしっかり感があります。注目のトッピングは、サザエはコリコリとした食感が面白いですが、あまり美味しいものとは言えませんね。胡参竹はほんのり甘く味付けがしてあって柔らかく、こちらは食べていて楽しいです。角煮のようなチャーシューも七輪で炙ってあるので香ばしく、味付けも中庸で美味しくいただけました。味玉は半熟で黄味がとろとろの甘味のあるもので自分好み。

 総じて☆三つといったところでしょうか。酒を呑んだあとなんかに丁度いいあっさり和風ラーメンです。(やま その2)

2003.11.12


 気にはしておりましたが、家路の途中で前を通りがかったので開店と同時に入店!お薦めは?と聞くと『漁だしスペシャル』なんかは如何でしょうか?と控えめなアピール。出てきたラーメンは濃い口醤油の魚ダシ豊かな味わい。これ以上濃いと文句の対象か?といった具合。本八幡の『かっぱ』に似たような雰囲気のラーメンでとても気に入りました(厳密にはあちこちが異なるので、あくまで雰囲気のみ)。塩もつけ麺もあったので今度はそちらに挑戦したい!(ももちち)

2003.11.4


 今日、飲み会の帰りに発見しました。漁だしと言う名前のとおり、魚だしが売りのようです。「他店にない魚介の組み合わせでダシを取っている」とチラシに書いてありました。おすすめは「漁だしスペシャル」で具にはさざえ、胡参竹(こさんちく)等が入っているとのことでした。そのほかに、ちゃーしゅーめん、つけめんやおむすびなどもありました。スープは濃い目の色、カツオのかおりが漂い、魚くささは感じませんでした。チャーシューとのりは、七輪で炙ってのせていました。場所ですが、京成船橋駅から14号に向かい、道路左側のマツキヨ手前を左斜めに入り少し行った右側です。(ごんた556)

2003.10.2