拉麺店情報

横浜ラーメンてんやわん家成東支店


横浜ラーメンてんやわん家成東支店

ジャンル
豚骨醤油(家系?)

基本メニュー
ラーメン(600円)

場所
山武市早船472-2

電話
0475-82-3339

営業時間
11:00-14:00,17:00-24:00
11:00-24:00(土日祝)

定休日

アクセス
成東駅下車。国道126号を横芝方面へ。国道を直進、道沿い右側。石橋いちご園向かい。


 久々に家系の新店が…、とついこのあいだ花見川区のレポをしたばっかりだったが、さおりんさんからの投稿が。今度は成東に家系?家系好きの私としては、行徳の新店や茂原の新店、柏の新店なども気になりながら、どうしても家系を優先させてしまったm(_ _)m

 成東駅から126号を横芝方面へ。つまり津辺の交差点を左へ折れる。右に行くと「まるえい」の方向だ。ひたすら道なりに車を走らせる。いちご園が多いので目印は出光スタンド。これがみえたらその右前方がその新店「てんやわん家」である。そういえば獅子てんや瀬戸わんや師匠って健在でしたっけ?

 花輪などに目をやると修業先や麺屋さんなどからの花輪はない。看板には横浜ラーメンの文字や家系、そして成東支店との文字が。早速中へと入ってみる。中には先客が一人。人のよさそうなにこやかなご主人が「いらっしゃいませ!」と声を掛ける。店はストレートカウンター7席にテーブル席が4+2+2の8席。広めに取られた厨房といい、なんとなく居抜きの雰囲気ではある。

 メニューは「豚骨正油ラーメン」一本のみ。サイドメニューに「チャーシュー太巻き」というのがあるのが気になったが、取り敢えずラーメンに味付玉子を注文。すると女性店員さんが「麺の硬さはどうしますか?油やスープの濃さも調節出来ます」とのお言葉。「普通でいいです」と答えると「オーダー入ります!1名様!一杯です!」の掛け声。そして店主は「あいよ!」いやなかなか気持ちいい。けど店は狭いし私は店主の目の前に座ってるんだから、別にそんなマニュアルチックじゃなくても(^^;)

 厨房の様子を観察する。家系に行くとまず探すのが麺箱(笑)。麺箱はないんだけどなぜか「不二家」のケースが積まれてるんだよなぁ。不二家はあの不二家です。そう数寄屋橋のフランスキャラメル、もしくはノースキャロライナの不二家です(そんなマニアックな例えがあるかいっ)。えっとペコちゃん、いわゆるミルキーの不二家ですね。

 寸胴は鶏油、豚骨と2本ある模様。麺は振りざる方式である。そしていよいよラーメンが到着。まず驚くのが白髪ネギが通常でも乗ってくることと、メンマも乗っている。海苔は3枚、ホウレンソウ、チャーシューと家系の形状は成している。スープは鶏油と豚骨スープが乳化の手前といったバランス。表面にはうっすらと背脂も浮いている。

 麺は中太ほぼストレート(気持ち縮れ)で、どこの麺屋さんかは分からないが、少なくとも酒井製麺ではない。曖昧な記憶を辿るならば大橋製麺か長多屋製麺か。茹で加減などは申し分なし。スープはタレが全面に出てしまっていて、骨のスープが消えてしまっていたのが残念。鶏油の甘さもあまり出ていなかった。またタレなのか元のスープなのか分からないが、生姜のような香味野菜的な味わいが出ていて、ちょっと中華チックなチューニング。豚骨醤油ラーメンとしてはなかなか美味しい部類だと思うが、家系と期待していくとちょっと肩すかしを食らうかもしれない、といったラーメンである。家系よりもラーメンショップの味わいに近いかな。

 わざわざ高速に乗ってまで行くことはないが、近くの方なら行って損はない店と言えるだろう。店主はじめ店員の接客も好印象。しかし味付け玉子は忘れられてしまっていた(涙)★★★(Ricky)

2002.4.19


 数日前、「横浜家系ラーメン てんやわん家、4/15オープン!」という広告が自宅のポストに入ってました。名前からしてちょっと怪しかったのですが、気になって昨日食べに行って来ました。

 店の看板にはやはり、『家系』の文字が・・・。メニューは「とんこつ正油」のひとつだけ。ノーマルにはネギ、チャーシュー、のり、ほうれん草がのっていて、トッピングでそれらを増量したり、煮卵をのせたりするしくみらしいです。

 私は本物の『家系』のラーメンは食べたことがないのですが、とてもおいしかったです。今なら400円で食べれます。場所は成東町、国道126号沿い(通称いちご街道の終点)です。ぜひ行ってみてください♪(さおりん)

2002.4.16