つけ麺つなみ

外観(09.5.20)

カレーつけ麺(09.5.20)
辛つけ麺(09.5.20)

基本メニュー つけ麺(760円)
所在地 市川市行徳駅前2-13-15
電話 047-397-1783
営業時間 11:00〜翌1:00
定休日 なし
アクセス 東京メトロ東西線「行徳」駅を海側に下車。駅前千葉銀行脇の一方通行に入り道沿い左側。

 西千葉、みどり台に昨年オープンした人気店「らぁ麺つけ麺つなみ」の2号店が行徳にオープンした。今回の店も行徳駅から歩いて1分となかなかの好立地。駐車場はないが、コインパーキングも駅前なので数多くあり、車でのアクセスも申し分無し。店内はL字カウンターが10数席で、レイアウト的には西千葉の店によく似ている。

 これまでのお店はいわゆる豚骨魚介系のラーメンとつけ麺のお店だったが、この行徳のお店は「つけ麺専門店」になるとのこと。従来の「つけ麺」(760円)の他に、「カレーつけ麺」「辛つけ麺」(各760円)などの新作が用意されている。取り敢えず新しいメニューである「カレーつけ麺」と「辛つけ麺」をいただくことにする。

 麺は本店同様の自家製麺で、千葉県産有芽小麦を配合したもっちり太麺は随分と進化して、レベルが上がっていると思う。固過ぎず柔らか過ぎずの茹で加減で、しっかりと歯を受け止めるコシがあるいい麺だと思う。ちなみに麺は通常で225gあり、中盛で300g、大盛で375gですべて同じ料金。また、525gある特盛は+100円になっている。肝心の新しいつけダレの味わいだが、まず「カレーつけ麺」はカレーが全面に出たというよりも、ベースの豚骨魚介にカレーのエッセンスを加えたというようなバランス。しかしそのカレーの香りや味と魚介が妙にバッティングしてしまっていて、個人的には苦手だった。これならばいっそのこと日本蕎麦的なカレー南蛮風の方が潔かったかも知れない。もう一つの「辛つけ麺」は、辣油が浮いたものだが、辛さも程よく酸味や甘味もあり、比べるならばこちらの方が個人的には好みだった。もちろん一番バランスが良いのはノーマルのつけダレであることは言うまでもないが。

 この界隈にはこの店のようないわゆる和風豚骨魚介の味で、しかも自家製麺のつけ麺屋がほとんどないんので、ある一定のパイは取れるのではないかと思う。ただ気になるのはラーメンを置かないというコンセプトが果たして受け入れられるのか、ということ。個人的にはやはりある程度広い客層に訴えかけるならば、ラーメンは置いた方が商売としては間違いがないように思う。今後この店が認知されていくのかどうか注目したい。(Ricky)

2009.5.20