拉麺店情報

とんこつらーめん豚光【閉店】


とんこつらーめん豚光【閉店】

ジャンル
豚骨

基本メニュー
とんこつラーメン(580円)

場所
茂原市三ヶ谷1814-5

電話
0475-20-1140

営業時間
18:00〜翌5:00(LO4:30)

定休日
未定

アクセス
JR外房線「茂原駅」南口下車。広域農道を約3km南下。「新藤根橋」を渡りすぐの道沿い右側。


 我がホームタウン茂原。醤油系のラーメン屋さんは結構あるが、白濁豚骨系の店がほとんどなく、成東や千葉まで足を延ばさなければならなかった。そのような中、待望の白濁豚骨系の店がオープンした。場所は、茂原駅から南にのびる広域農道を3kmほど南下したところ。近くには市の温水プールなどがある。

 店の看板類はオレンジ色で統一されていて、手書きの”豚光”の文字が印象的である。店内はこぢんまりとしており、カウンター6席と小上がりに4人掛けのテーブルが2卓の構成。ちょっとした小料理屋の雰囲気だ。スープのラインは、「白湯スープ」(豚骨)、「上湯(シャンタン)スープ」(ゲンコツ、鶏ガラ、煮干し、鰹節、野菜)そして、「白湯&上湯の二色スープ」の3種類。白湯&上湯の二色スープがこちらの売りのようだ。

 今回は、白湯スープの「とんこつラーメン(580円)」と白湯&上湯二色スープの「豚光ラーメン(600円)」を注文した。お客さんは1組だけだったので、間もなくラーメンが到着した。とんこつラーメンは、ほとんど豚骨臭がしない。スープは結構濃厚で旨みもあるが、まったりというよりはすっきりした印象。麺は加水率低めの細ストレート麺。麺は千葉の某ラーメン店の自家製麺とのこと。
今回、濃いめ、固めで頼んだが個人的にはこの状態でちょうど良い加減であった。具は、バラ肉チャーシュー、万能ネギ、キクラゲ。具の中では、チャーシューのスモーキーな味付けが風味良かった。一方の豚光ラーメンはなんとも言えないとても微妙な味だ。白湯スープと上湯スープが混合されているのだが、このバランスが生命線だ。麺は加水率高めの中細縮れ麺。茹で加減は若干柔らかめであった。具は、とんこつラーメンの具にメンマ、ワカメ、コーンが加わる。個人的には、初回に食べるにはとんこつラーメンをお勧めする。また、サイドメニューには、チャーシュー丼(580円、半:380円)、餃子(380円)、ニラ餃子(480円)、豚光おじや(500円)などがある。チャーシュー丼はスライスしたチャーシューに刻んだチャーシューも加わり、かなり旨い。

 ご主人の白石氏は千葉の某ラーメン店で修行をされた後、独立されたそうだ。お話する中でラーメンに対する熱意を感じた。当面は休みなしで夜から翌早朝まで営業されるという。家から程ないところで本格的な豚骨ラーメンを味わうことができるようになりとても嬉しく思う。★★★(Katsu)

2002.2.17