たけおからーめん松乃家

外観(09.9.5)
らーめん(09.9.5)

基本メニュー らーめん(500円)
所在地 松戸市稔台1-14-2
電話 047-308-5607
営業時間 11:00〜21:00
定休日
アクセス 新京成線「みのり台」駅下車。県道松戸鎌ヶ谷線を左折(八柱方向)し50m程度進み右側路地を右折。一本目を左折し道沿い右側。


 みのり台にオープンした新店である。場所はかつて「麺屋嘉夢蔵」があった場所の隣と言おうか、居酒屋だった場所がラーメン店になっている。その居酒屋をやっていた方のリニューアルなのか、新規の方なのかは定かではないが、雰囲気自体は居抜きそのままといった印象。壁は白く塗られていて、富津の老舗で竹岡式ラーメン発祥の店「梅乃家」のラーメンに感動して云々、というような文言が大きく書かれている。正式な店名は「たけおからーめん松乃家」のようだが、看板やぐるなびなどを見ると「たけおからーめん」という名前しか見当たらないため、おそらく後から梅乃家とは違うという意味から「松乃家」をつけたのだろう。

 メニューは「らーめん」(500円)「つけめん」(500円)とシンプルかつリーズナブル。もちろん「薬味ねぎ」(50円)「梅割り」(300円)もある。もちろん基本の「らーめん」をいただくことにする。出て来たラーメンは正しく竹岡式のビジュアルを持っていて、丼から立ち上がる香りはこれまた竹岡式のそれである。こちらでは麺と醤油を梅乃家と同じものを使っている、とアナウンスしているので、ならば麺は都一で醤油は宮醤油ということになる。スープからくる香りは梅乃家ほど醤油は立っていないものの、かなり近い醤油臭さがある。麺は無論乾麺なので生麺のようなしっかりした食感はないが、茹ですぎず柔らか過ぎずでいい感じ。そして具のチャーシューは厚さこそ薄めではあるが、しっかりと醤油で味がついたチャーシューが相当な数入っている。そしてそれが柔らかくてとても美味しい。これだけ入って500円というのはかなりお得感があるのではないだろうか。

 梅乃家の再現性という意味においては7割から8割くらい。コストパフォーマンスでいえば梅乃家と同等もしくはそれを上回るかも知れない。世の中のラーメンとは異なる作り方のラーメンだけに、そもそもの旨味であるとか油分であるとか、普通のラーメンと比べられてしまうと弱い所は当然あるが、このラーメンはこういうものである、と考えれば十分満足出来る一杯だと思う。またご夫婦なのだろうか、接客も非常にフレンドリーで心地よい。最後の支払いで飴をいただいたが、子供でなくともこういう心遣いは嬉しいものだ。近隣や東葛エリアの方にはお勧め出来る店だと思う。個人的には乾麺を使ったというつけ麺も非常に気になるので、また尋ねてみたいと思っている。(Ricky)

2009.9.5