鉄平ラーメン【閉店】


鉄平ラーメン【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
鉄平ラーメン(525円)

場所
千葉市中央区末広2-2-25

電話
043-264-3009

営業時間
11:30〜深夜2:30

定休日
 

アクセス
本千葉駅より末広街道(県庁方面)へ。末広街道に出たら右折(蘇我方面)へひたすら直進、街道沿い右側。


 中央区本千葉の末広街道沿いに出来た新店である。この場所は以前「一貫屋」という手打ち蕎麦店のあったところで、一度来ようと思っているうちにラーメン店になっていた。7日オープンで、昨日はラーメンが100円で提供されていたそうだ。

 店は一面「よしず」が貼られていて、小上がり席などもあって、一見「海の家」風の出で立ち。そうかと思えばファミレスのようなテーブル席もあり、10名ほどが座れる大きな長いテーブル(ここはカウンターチックに使っている)もある。店員さんは厨房も含めると5名ほどはいただろうか、お昼時ということもあってかお客さんも多く、活気にあふれていた。

 メニューに目をやると醤油、塩、味噌、そしてトンコツまでなんでもござれ。店名の「鉄平ラーメン」というのが醤油のようだから、おそらく醤油がメインということなのだろう。525円である。そうかと思えば塩ラーメンは470円と醤油よりも安かったりする。チャイルドラーメン(315円)というメニューも。看板には中華定食とも謳ってあって、ホイコーローなどの炒めものや、炒飯などもある。そういえば、店に入った時から中華鍋を振るう音が響いていた。どことなく油の香りも店内にただよっている。

 で、肝心のラーメンなんですけど、ごくごくオーソドックスな東京ラーメンでございました。期待以上でもなければ期待以下でもない。麺は若干白河などを想起させる麺で、食感は悪くない。スープはあっさりした醤油味でありがちといえばありがちな、町の中華屋さんのそれ。具はロールチャーシュー、メンマ、ワカメ、青菜、ネギ、タマネギ。525円というパッケージを考えれば、まぁこんなものかもしれないが、こんなものなのであればもしかしたら幸楽苑とかの方がコストパフォーマンスはいいと言えるかもしれない、といったなんともポジションが取りづらい一杯ではありました。しかし決して高くなく、メニューも豊富なので、近所で働く方達がお昼ご飯に使うには有効かも知れません。(Ricky)

2004.6.8