麺屋天祐【閉店】


麺屋天祐【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
醤油らーめん(550円)

場所
船橋市湊町2-7-3

電話
047-432-1088

営業時間
11:00〜22:30

定休日

アクセス
JR総武線「船橋」駅南口下車。ロータリーから国道14号まで直進。湊町2丁目の交差点を右折(東京方面)、国道沿い左側。


 4月末に出来た新店である。場所は国道14号沿いで、赤坂味一や紺のれん、志源商塾などといったラーメン店が連なっている一角にある。会議室に投稿があってから何度か足を運んでいたが、いずれも振られてしまっていた。この日ようやく入店することが出来た。

 店先にはラーメンについての能書きが掲げられている。醤油も味噌も自慢なようである。連れもいたので醤油らーめんと味噌らーめん(650円)にしようと思ったが、角煮も気になったので角煮醤油らーめん(750円)と味噌ということにする。角煮らーめんのメニューにあった「デザート付き」というのも気になったので(笑)。

 店はテーブル16席にカウンター6席。新店だけあって清潔感たっぷりである。ご主人と奥様、それと娘さんらしき方が3人でお店を回している。ご主人はちょっとおしゃれな出で立ちで麺を茹でている。店内に目をやると開店を祝う花がいくつか置かれている。そして壁には何故か額に入った「たまごっち」が…(笑)。しかもパッケージそのままの初期型のやつである。そういえば、僕も未使用のたまごっちいくつか取ってあるなぁ(爆)。

 そうこうしているうちにラーメンが到着。ビジュアルはいわゆる普通の中華そばである。ふぅん、こういうベクトルなんだな、とスープを啜ってみる。ん?んん?臭いも見た目もまぁまぁなのだが、スープに旨味というか味わいがない…。どうにもこうにも困ったぞ、と麺に箸を進める。これもまた中細縮れ麺なのだが、茹で加減が微妙な感じでちょっと柔い。しかもぐんぐんとスープを吸ってしまう麺で、みるみる内に伸びていく。具はチャーシュー、メンマ、ネギに半分煮玉子。どれもありがちな味わいで特筆すべき点はなし。角煮は大降りのとろっとした角煮が入っていたが、味が薄すぎて物足りない。一方の味噌ラーメンについても、スープに深みというか味噌の旨味が出ておらず、唐辛子の辛みだけが目立ってしまった。具は野菜を炒めたものが乗っていた。

 お店の方の接客や愛想も悪くなく、むしろ好印象なだけにラーメンが残念でならない。あ、デザートはコーヒーゼリーであったが、自家製のようで素朴な感じで◎。しかしコーヒーゼリー作る暇があったら、まずはラーメンを何とかしてくれないかなぁ。雰囲気はいいだけに今後に期待したい。(Ricky)

2001.5.1