辰巳らーめん

外観(00.7.5)

塩ラーメン(00.7.5)

味噌ラーメン(05.3.21)

豚骨風醤油ラーメン(07.11.4)

基本メニュー ラーメン(600円)
所在地 千葉市花見川区幕張町5-417-139
電話 043-276-0019
営業時間 11:00〜15:00,18:00〜23:00
11:00〜15:00(月)
定休日 なし
アクセス JR総武線「幕張」駅下車。国道14号線を越え、メッセ方面へ。道沿い右側。放送大学・衛生短大手前。

 実家から車で数分ということや、夜遅くまでやってるということも手伝って、結構行く機会が多い店である。いわゆるラーメンフリーク受けする店ではないが、初老の男性2人が手際よく仕事をする様は相変わらず見ていて気持ちがいい。

 メニューが豊富に揃い、どれもそれなりに美味しいという店は、近隣に1軒あると非常に便利なものだ。この店はラーメン類のみならず、一品料理やご飯ものもあったりするので、普通のラーメン専門店よりも使い勝手がいい。この日は「豚骨風醤油ラーメン」なるメニューを見つけたので頼んでみた。「豚骨醤油」でも「豚骨醤油風」でもなく「豚骨風醤油」というネーミングが面白い(笑)。

 出て来たラーメンはいわゆる豚骨醤油というか、家系的な雰囲気を持ったスープに中太の麺。スープは鶏の旨味が強く、鶏白湯ベースなのではないかと想像するが、だからこそ「豚骨風」という表記なのかも知れない。油の量が最初は気になるが、食べ進めていくに連れてスープと上手に馴染んで、しつこさを感じさせることはなかった。家系なり豚骨醤油ラーメンをいくつか食べてこの店なりに再現した、という雰囲気のラーメンは、単なる真似ではなくオリジナルの味になっていると思う。

 飛び抜けてインパクトがあるとかそういうお店ではないし、市外からわざわざ足を運ぶほど吸引力がある店でもないが、地元民にとってはこういう店があるのは非常に助かる。メニューにもバリエーションを持っていて、常に新しいメニューに取り組む姿勢も素晴らしい。また足を運んでみたいと思わせるいいお店だ。(Ricky)

2007.11.4

 最近何回か食しているお店ですが、以前(3年位前)食したときよりも格段に実力がアップしてきているラーメン店です。塩ラーメン・極太麺の味噌ラーメン・しょっつるラーメン・みそチゲラーメンを食しましたが、どれもなかなかのできばえでした。塩ラーメンは、クリィーミー鶏白湯スープを使っていますが、鶏臭さが感じられない上品で濃厚なスープに仕上がっていました。トッピングのもやしはこのスープを堪能するにはいらない存在だなあと思い、もやし抜きできますかと聞くと「できる。」とのことでした。

 味噌ラーメン・みそチゲラーメンはこの鶏白湯を使い白味噌とあいまって極太麺に対抗できるスープで堪能できました。また、みそチゲの残りのスープを使った雑炊(みそチゲラーメンは土鍋に入っているので後から雑炊ができます)は汗をかきながらいただきましたが絶品でした!しょっつるラーメンは魚介系に宗田鰹を使ったスープをベースにしょっつるのたれを利かせたやさしい味わいのラーメンで、これを醤油ラーメンと言ってもいいくらいでした。

 以前は、スープがぬるくあまり良いインプレッションではありませんでしたが、スープを小なべに移し、温めてからどんぶりに移しているので熱いスープが楽しめました。今後の課題としては、禁煙でないこと・通常のラーメンの麺がやや弱いことをクリアしていけば面白いラーメン店になりそうです。(usidon)

2005.3.21

 お昼時にこの店へ。店内は先客が2組ほど。メニューは塩・味噌・醤油・豚骨・関西風などなど、たくさんのメニューがあり、丼物なども豊富。しかしメニューにも壁にも「塩がお薦め」との文字。早速「塩ラーメン」を注文、そして煮玉子のトッピングも追加。

 広い厨房では2人の男性がてきぱきと動いている。水の代わりに烏龍茶のサービス、なくなるとさっと持ってくるのも好印象。麺は業務用中華麺、中細縮れ麺で特筆すべき点はない。スープは澄んだ塩スープ、ゴマ油の風味を若干感じるが、豚骨などのダシが程良く出ており○。具はバラ肉チャーシューに茹で玉子、モヤシ、ネギ、海苔。チャーシューは自家製煮豚で、程良い味付け。特筆すべきは煮玉子で、しっかりと味がついていて丸々一個で60円は安い。

 及第点は越える塩ラーメン、清潔に保たれた店内と厨房は心地よい。ラーメンを作り終えたあと黙々と厨房の隅々を掃除していて立派。他のメニューにも期待が持てる。ネクタイを締めていたからか、白紙の領収書を渡す心遣いも(私は使えないッスけど)。(Ricky)

2000.7.5

 実はここのラーメン屋に初めて行ったとき、衝撃だったんです。塩好きな私は塩チャーシューを注文したのですが、そのスープのダシの効いていることといったら!!鶏と魚のダシが見事に調和されていて互いに引き立て合っていて、麺もよく合っているし久々にヒット大ヒット!と心の中で絶賛したラーメンでした。子供が頼んだ特製醤油はまさに中華そば!東京ラーメンでしたし、これまたダシがよく効いててこちらも好き。味噌ははずしたけれど(白い味噌をつかっているのか、もつ煮込みを薄めた感じで合わなかった)豚骨醤油、塩、特製醤油はなかなか美味しかったんです。ただ、玉子入りを頼むとチャーシューが一枚も入ってこないのはなぜ?デフォは1枚入っているんだから、ふつうはそのラーメンの玉子いりとなるはずなのに、玉子入りを注文するとチャーシューがない。コーン入りを頼んでもチャーシューは無いんです。なんか狐につままれた気分でした(笑)

 で、その後立て続けに3回ほど通ったんですが、後にも先にもあんないいダシで出てきたのは最初の1日だけ。
2日目は、「あれ、今日はスープの出来がわるかったかな?」
3日目は、「今日も出来がわるいのか」
4日目は、「最初のダシはまぐれか?」

 そして今日久々に行きましたが、やはり初日の味は味わえませんでした。厨房の男性二人はてきぱき、愛想もよく問題ないのですが、パートのおばちゃんがやたら親切でかえってうざったいんです。なにかするたびに黙ってすればいいのに、「○○置いておきますから」とかなんか親切の押し売りみたいでちょっと黙ってて欲しい、という感じ。

 そのくせ、塩チャーシューが860円なのに、かならず960円でレジを打つんです。はじめは気のせいかなと思ったのですが、何度見ても960円で打っている。接客以前の問題です。車も路駐ですが止めやすく(おまわりさんごめんなさい)家からも比較的近いので改善されて欲しいモンです。(おだまり)

2000.5.31