ラーメンたかし屋

外観(09.1.24)

らーめん並(09.1.24)
濃厚つけ麺並(09.1.24)

基本メニュー らーめん並(650円)
所在地 浦安市北栄1-15-23
電話 047-350-2578
営業時間 11:00〜24:00
定休日 なし
アクセス 東京メトロ東西線「浦安」駅南口下車。南口ロータリー左側、西友脇右手路地を入る。道沿い右側。

 浦安駅前に出来た新店である。場所は「四畳半生粋」の並び、西友前の路地を入ったところにある。隣は「中国麺飯HAO!」で、間口は一間あるかないかくらいとかなり狭い。2F部分はスナックで、その1F部分になっているが、よくこんな場所にお店を作ったなぁと思わせるほどで、まさしく鰻の寝床のような店である。そんな小さな店ではあるが、赤地に白の看板がよく目立っている。店の入り口に券売機があり、厨房に面する形でストレートカウンター10席程が用意されていて、中に入ると外から見るほど狭くは感じない。

 注文は店入り口の券売機で購入するシステム。「らーめん」(650円)が基本で、そのバリエーションとして「ネギらーめん」(750円)「チャーシューめん」(850円)「ネギチャーシューめん」(950円)「全のせらーめん」(950円)「濃厚つけ麺」(750円)などがある。それぞれ100円増しで中盛、200円増しで大盛になる。ラーメン類は豚骨醤油味のいわゆる「家系ラーメン」で、「つけ麺」の方は最近流行の豚骨魚介系の味になっているとのこと。

 まず「らーめん並」(650円)は、見るからに家系の王道を行っているようなビジュアル。ゲンコツと背ガラを主体にしたスープにモミジなども加えられているようで、そこに野菜の甘さも感じるバランスになっている。鶏油の甘味は抑え気味で、キリッと醤油が立った味わいのスープになっている。骨などの旨味をしっかりと感じさせながら、それでいてカエシも活かしているバランスは、千葉で言うならば王道家というよりも末広家に近い味わい。具はチャーシュー、ホウレンソウ、海苔と少量の薬味ネギ。

 賛否が分かれる可能性があるのは麺だろう。つるんとしたストレート麺で少々スープをはじく性格の麺は自家製麺とのこと。麺としては決して悪い麺ではないと思うが、やはり家系独特の麺とは形状や食感も異なっているので、ここに違和感を覚える人は少なからずいるだろう。酒井製麺的なとまでは言わなくとも、もう少しスープと合う形状なり食感があるのではないかと感じた。

 ちなみにもう一つの「濃厚つけ麺」(700円)は、今流行の濃厚豚骨魚介ど真ん中という味わい。濃度もしっかりとあって普通に美味しいが、どこでも食べられる味なのである意味感動も薄い。しかしこのタイプのつけ麺は意外に浦安エリアにはないので、ある一定の支持は集めるのではないだろうか。なお、こちらの麺も自家製麺で、もっちりとした食感がよかった。個人的には同じ生地でもう少し切り刃が太ければいいかなと思ったが、これでも十分つけダレと絡んでいて美味しい。

 いずれにしても十分満足出来る完成度。どちらの味も被る味が浦安にはないので、浦安エリアの方達には有効な選択肢が増えたと言えそうだ。(Ricky)

2009.1.25