激辛拉麺鷹の爪


外観(10.2.5)

鳳凰DX(10.2.5)
鳳凰麺(10.2.5)

鷹の爪拉麺(10.2.5)
マヨ唐明太飯※ポン酢(10.1.18)

基本メニュー 鳳凰麺(780円)
所在地 市川市行徳駅前1-21-13
電話 047-358-3787
営業時間 11:00〜23:00
定休日
アクセス 東京メトロ東西線「行徳」駅下車。県道6号へ。県道を右折、県道沿い右側。


 県内屈指のラーメン激戦区、県道6号行徳バイパス沿いに出来た新店である。こちらは茨城大勝軒グループが手掛ける新店で、「激辛拉麺鷹の爪」という店名の通り辛いラーメンの専門店だという。その店名から、某フラッシュアニメを連想したがまったく関係ないようだ(笑)場所はかつて「源徳」というラーメン店があった場所。L字カウンター8席という小さな店だが狭苦しさはない。

 メニューは店に入ってすぐの券売機で。構成は「鷹の爪拉麺」「ピリ辛拉麺」(700円)「極辛拉麺」(730円)「鳳凰麺」(780円)「鳳凰DX」「ピリ辛DX」(980円)「極辛DX」(1,010円)。基本的に辛いラーメンしかない。辛さはピリ辛と書かれているものが2辛で、極辛は5辛。他のメニューは基本で4辛となっている。しかし辛さをこちらから指定することはなく、券売機で注文する段階で辛さは決まる。麺の量は基本で160gで、中盛(+50円)は260gで大盛(+100円)は360g。あとは「餡辛冷やし麺(3辛)」(750円)や限定のボタンもあった。サイドメニューとして大きな唐揚げの「メガ唐」(300円)「プチ唐」(150円)に「マヨ唐明太丼」(580円)「マヨ唐明太飯」(300円)があるが、これはマヨの代わりにポン酢でも頼める。また別皿で「生とうがらし」(50円)というのもある。

 最近唐揚げがラーメン店のサイドメニューとして注目を集めているが、こちらのお店も単品、ラーメンにと唐揚げが大活躍。フライヤーを入れて揚げ物をやるのは、ラーメン店のオペレーションとしては面倒な部分もあるかと思うが、客の側からすれば実に魅力的なメニューであるし、お店としても商品として売りやすいものであると思うので、京都の例を引くまでもなく、都内で唐揚げを導入する店は今後も増えていくのではないだろうか。

 厨房には茨城大勝軒グループの切り込み隊長、小川さんが立っている。無限大や常勝軒などの味を作ってきた彼だが、今回のお店の味作りもすべて彼が担当したのだそう。相当な経験を積んでいて非凡な味を作るだけに、これは期待が出来る。メニューについて説明を受けたが、正直メニューの名前と内容が合致しないというか、直感的にどれがどれなのかが分かり辛い(今もよく思い出せない)。多分名前の種類が多過ぎるのだろうなぁ。僕の記憶に間違いがなければ、いわゆるガッツリ無限大系のラーメンに辛味を加えた基本が「鷹の爪拉麺」で、そこに麻婆茄子が乗ると「鳳凰麺」になるはず。そしてさらにそこに唐揚げがドンと乗ると「鳳凰DX」となる。小川さんに聞けば、オススメはやはり「鳳凰DX」なのだという。やっぱりそうだよねぇ(^^;

 中華鍋で野菜をあおり、麻婆豆腐を仕上げ、フライヤーで唐揚げを揚げる。中華料理店では通常の工程だが、狭いラーメン店の厨房でこれらすべてを注文を受けてからやっているのは大変なことだと思う。その手間ひまかけて出来上がった「鳳凰DX」はやはり美味しいものだった。麺はカネジン食品の中太やや縮れ麺で平打ち気味、身の詰まったようなみっちりした食感とつるっとした表面が印象的。角ふじや二郎などの麺を食べ慣れている人からすれば、少々おとなしく感じる麺かも知れないが、一般的な麺から比べたら相当存在感がある。スープベースは比較的軽い印象で甘めのカエシと唐辛子の辛味で引っ張るタイプ。そこに野菜とキクラゲ、豚バラ肉少々が加わり、さらに甘めの味わいの麻婆茄子が乗ることで旨辛なスープになる。この麻婆茄子は単体で食べたらきっと辛味が足りないという話になるのだろうが、スープと合わさると丁度良い。注文時に聞かれる刻みニンニクは角ふじ系にある漬け状態ではなく生ニンニクだが、これだけ味が濃いラーメンだからやはり生の方が正解だと思う。ここまでの状態が鳳凰麺。

 そしてこれをDXにするのが唐揚げ。まずはとにかく大きい!大きな鶏肉を一枚揚げして切っているので、見た目は排骨のよう。ザクザクとした食感とスープを吸った部分の衣の食感の差がなかなか楽しい。しかしボリュームは相当あり、麺がノーマルで野菜も普通でも一杯食べたらお腹いっぱいになる。南柏の東葛◯角でも唐揚げを乗せた「チキンラーメン」があるが、唐揚げの大きさというかインパクトではこちらの方があるのではないかな。

 甘辛いスープに濃厚な味の麻婆茄子、そして唐揚げ、極太麺、野菜と存在感あるパーツが勢揃いのラーメンは、力技で美味いと言わせてしまうような一杯。振り切るならここまで振り切れば気持ちいいなぁ。他のメニューも味見したけれど、唐揚げ好きなら迷うことなく「鳳凰DX」を。あと「マヨ唐明太飯」も相当な美味さで、マヨの代わりにポン酢で味わうことも出来る。ラーメンが濃いのでポン酢の方がサッパリして美味しく味わえるかな?ってどんだけ唐揚げ好きなんだよ(^^;(Ricky)

2010.2.5