すみいちらーめん(閉店)

外観(04.6.18)

らーめん(04.6.18)

ちゃーしゅーめん(04.6.18)

つけ麺(07.7.31)

基本メニュー らーめん(600円)
所在地 千葉市若葉区都賀2-16-17
電話 043-233-8833
営業時間 11:00〜16:00,17:00〜22:00
定休日
アクセス JR総武本線「都賀」駅下車。ロータリー(千葉銀行を右手に)を直進、右折し直進。コナカの交差点を左折。道沿い左側。

 本日、すみいちらーめんに行ったところ券売機に「つけ麺」(700円)が有るのに気が付いたので頂いて来ました。

 つけ汁は基本ベースのラーメンスープに酸味とやや強めの辛味、そして具にはネギとメンマそれにほぐしチャーシューが加えてあり、ぐう&炭火らーめん系らしいつけ汁になっています。ただし麺の方は普通のストレート麺なので正直今一つかと。トッピングにはワカメとざく切り煮キャベツが乗っています。キャベツって如何かと思ったんですが、つけ麺だと玉ネギは合わないかも。

 ぐう&炭火らーめん系には今までつけ麺が無かったので、流行の魚介系&豚骨系に属さないチョット変り種なつけ麺になってます。でももう少し研究は必要かなー。(OKO)

2007.7.31

 ただいま食して来ました。店内はカウンター5席、4人がけのテーブル席×2、sakaeさんの書かれていた通り、カウンターの前にはベルリンの壁がありました。特筆することとしては、子供用のイスも2脚置かれていたこと。お子さまを連れて行かれる方も安心です。駐車場は店舗から一つ建物を隔てたところにあります。4台停められる広さはありますが奥2台、手前2台のスペースなので実質2台分です。

 デフォルトのラーメンは600円、私は定番のチャーシューメン800円を食べました。ぐう(東金)好きなので、ぐうと比較してのレポです。見た目は完全にぐうです。やや玉葱が少ないかも。スープはぐうよりはやや塩分控えめな感じ。インパクトには欠けるもののぐうよりは食べやすく、ぐうがダメな人でもイケる可能性がないとはいえないと思います(苦しい言い回しですが…)。メンはかなり柔らかめに茹でられていました。余程柔らかめが好きでない限りはメンかた目で頼むことをお勧めします。チャーシューはまさにぐうテイスト。柔らかく煮込まれたチャーシューがゴロゴロと入っています。私的にはこれさえあれば大満足です。(トリガラJr)

2004.6.14

 昨日、(いつものお店に浮気して)食べてきました。のれんには「すみいちらーめん」と仮名書きでしたが、出てきたラーメンは「炭一」の名のとおりです。こげ茶色のスープに、玉葱のみじん切りが載ってます。

 ストレート麺とスープとの相性は??チャーシューは(トロトロになるまで)は良く煮込まれていました(味が染み込み過ぎて濃かったです)。私は、この傾向のものが苦手なので、ラーメン自体の味のコメントは控えます。「ぐう」のような傾向のラーメンがお好きの方のご意見を伺いたいです。

 ここは、厨房が客席より高い位置にあるせいか、カウンターに座ると高さ1mに近いベルリンの壁に対峙します。
ですから厨房は全く見えません。同行者がいるか、振り向いてフロアーを見るなどしてないとラーメンが来るまで、孤独な時間が過ぎます。

 お隣は、いつも常連客で賑わう「定食やま」ですが、この原陸橋通り沿いは、店舗の改廃が激しい所です。こちらのお店も、そんな傾向に飲み込まれない様、強い個性的な味と魅了で、常連さんを掴んで欲しいものです。(sakae)

2004.6.13