拉麺店情報

ラーメン白金家【閉店】


ラーメン白金家【閉店】

ジャンル
豚骨醤油(家系)

基本メニュー
ラーメン(600円)

場所
市原市五井金杉1-7

電話
0436-24-3392

営業時間
11:00〜22:00

定休日

アクセス
JR内房線「五井駅」下車。白金通りを千葉方面へ。通り沿い左側。


 横浜の家系が初めて千葉に出来たのは、今から5年前の木更津林家だった。林家は元横濱家、介一家で現近藤家店主の近藤健一氏の元で修業を積まれたご主人が出した店で、翌年には本牧家出身の中野家(現末広家)や千葉家、さらには六角家出身の市政家、そして今年の柏王道家の開業と、今では県内にかなりの数の家系ラーメンが存在している。家系が食べたくなったら東陽町の大黒家か、葛西の角久に行かなければ食べられなかったことを考えると隔世の感がある。

 さて、前置きが長くなったが、家系の新店である。場所は市原市五井、以前別のラーメン屋(ってか寿司屋?)があった場所である。赤い看板に白い勘定流の文字で店名が書かれているのは、末広家と同じ雰囲気。開店日に行ってみたが他に客が誰もいなかった。券売機で食券を購入するシステムになっており、その食券に「かため やわらかめ」などの項目があるので、おそらくオーダー票を兼ねているのだと思われる。取りあえずデフォルトで注文してみる。ここは木更津の林家で修業された方が開いた店だという。

 麺は長多屋製麺の麺で、平ざるで茹でている。湯切りが若干甘く、茹で時間も長かった。麺はかなり柔らかめで残念。しかしスープはしっかりと取れており、鶏油の甘さも出ていてなかなかであった。具は海苔、チャーシュー、そしてホウレンソウも乗っている。チャーシューはしっかりと味が染みていてなかなか旨かった。

 全体的には及第点の家系と呼べるラーメンだと思う。それだけに麺のさばきが惜しい。その後何度かこの店の前を通過したが、やはり客が入っていないのは立地からなのだろうか。今後頑張って欲しいお店ではある。(Ricky)

2003.2.5


 本日開店のようでしたので行ってきました。やはり、木更津の林家の姉妹店との事です。夕方の5時半ぐらいに行きましたが、客は私一人(寂しい・・・)で、店員の方が4人で2人は木更津の店で見た事が有るような方でした。(残念ながら内山君では有りませんでした。) 後の二人は、学生風の若い男の人が1人、そして女性のこれまた若い18.19歳(見た目)の人を、私のラーメンを作りながら一生懸命、店員の方が指導されてました。メニューは、ほぼ木更津店と同じです。味は、少しかえしが若干強いかな?

 と、ゆう感じでほぼ味適には同じではないかと思います。それと、カウンターのいすが固定式の為、体の大きい私には、つらいものが有りましたが、やっと市原にも家系が出来て木更津や千葉まで行かなくても、味わう事が出来るようになったのがうれしい事です。。(たかさん)

2003.2.5