しゃりん・ジャンクガレッジ プレナ幕張店


しゃりん・ジャンクガレッジ プレナ幕張店


外観(11.1.5)
つけめん(11.1.5)
特製まぜそば(11.1.5)
所在地 千葉市美浜区ひび野2-4
プレナ幕張1F
電話 043-296-0133
営業時間 10:00〜22:00
定休日 不定休
アクセス JR京葉線「海浜幕張」駅南口下車すぐ。プレナ幕張内。

大きな地図で見る



 2011年の新年早々、つけ麺の人気店「六厘舎」によるデフュージョンブランド「しゃりん」が千葉市初進出である。同じく六厘舎の別ブランドである「ジャンクガレッジ」と同一店舗での出店で、1軒で2つの店のメニューが楽しめるスタイルとなっている。場所は海浜幕張の駅前にある複合施設「プレナ幕張」。この施設には昨年せたが屋の流れを汲む「大ふく屋・野郎ラーメン」が同じく同一店舗で2つの味が楽しめる店として出店したばかりで、コンセプトがかぶりまくっている感じ。

 店の左側が「しゃりん」右側が「ジャンクガレッジ」というレイアウトだが、オーダーだけが別の場所で食べるのは同一。言わば1軒の中でのフードコート的な感じだ。しゃりんの方ではやはり定番である「つけめん並」(680円)を、ジャンクの方では「特製まぜそば」(950円)を頂くことにした。

 「つけめん」はもっちりとした麺に豚骨魚介のつけダレと、ここ数年流行の豚骨魚介つけ麺の見本のようなスタイル。甘味が強めで酸味控えめ、辛味はあまりないバランスのつけダレは、粘度もさほど高くないし、六厘舎とは当然違う設計なのだが、しっかりとしたつけ麺を作っているなぁという印象だ。一方の「特製まぜそば」は、チーズ、ニンニク、生玉子、チャーシューなどがどっさりと乗ったもので、これはまぁ想像通り、名前通りのジャンクな美味しさ。

 昨年は東口に茨城大勝軒がプロデュースした「前勝軒」が出来、それまでの「増田家」「麺屋空海」などもあって、海浜幕張駅周辺が一気に都内の人気店が集結する事態になっている。ラーメン好きからすれば、どこも既視感あふれる知っている味ではあるが、一般客にとっては嬉しい選択肢がどんどん増えている感じ。気になるのはこちらと大ふく屋のコンセプトがかぶっている部分。相乗効果になれば良いのだけれど。(Ricky)

2011.1.5


Check