拉麺店情報

上海厨房


上海厨房

ジャンル
醤油

基本メニュー
らーめん(680円)

場所
柏市柏3-6-16

電話
04-7160-3434

営業時間
11:30〜24:00/金土11:30〜翌2:00

定休日
なし

アクセス
JR常磐線「柏」駅東口下車。ロータリーからハウディモールを旧水戸街道方面へ直進、旧水戸街道を越えた道沿い左側。


 かねてからの宿題店である。何名かの柏在住の方から「華常飯」が閉店した情報とともに、新店の情報をいただいていたが、まず柏は遠いので足がなかなか運びにくいのと、前のお店が無難な普通のお店だっただけに、今回もさほど期待をしていなかったということもあった。というのも、「華常飯」になる前ここは「よってこや」だったわけで、その流れからすると今回もという感じであったのだ。しかし、とある人がプロデュースしていると聞いていたので、いつかは行こうと思っていた宿題の一つだった。

 店はそういうわけで元よってこや、前華常飯という場所である。外観も内観もいずれもお洒落に仕上がっている。2〜3階は居酒屋チックに中華の一品料理が楽しめる、というのも前回と変わらない。しかしその違いはラーメンにあった。「高田馬場発祥 醤油らーめん」とある。は?高田馬場発祥ってなんだ?と思われた方もいるだろう。醤油というからには、あっさりした味噌ラーメンではないし、もしかして麺がすごい多いのか?(爆)

 ここのラーメンは高田馬場の人気店「渡なべ」の店主であり、ラーメン店のプロデュースを生業としている渡辺樹庵氏の手によるものだとか。それで高田馬場発祥なのですね。で、肝心のラーメンはなかなか面白いものではあった。こってりとあっさりが選べるのだが、こってりを注文してみたところスープの上に油が浮いていた。これかなりの量である。そして背脂をミンチ状にしたものも入っている。スープはトンコツ、鶏ガラベースで魚系の味も出ていてバランスはいい。麺の食感も悪くない。気になったのはまず全体のバランス、とくにスープと油は2層になっていてそれはそれでいいのだろうが、油の質がスープと合っていない気がしたのは気のせいか。あとは大量に乗せられたネギは、臭いが立ちすぎ、苦みも出ていてせっかくのスープにこの香りはもったいない気がした。

 とはいえ、さすがというか上手にまとまっているラーメンで、美味しいことには間違いない。ようするにだれそれのプロデュースだ、どこどこ発祥だ、というお題目があるから多少厳しい見方をしてしまうわけで、じゃあこういうラーメンがあとどこで食べられる?と聞かれれば、県内ではそうそうないだろう。今まで長続きしない立地だけに、ぜひ今回はずっと続けていって欲しいと思わせる店ではある。(Ricky)

2003.1.28