東京豚骨拉麺しゃかりき松戸店


東京豚骨拉麺しゃかりき松戸店

ジャンル
背脂・九州

基本メニュー
とんこつらーめん(600円)

場所
松戸市栄町西4-1191

電話
047-308-5123

営業時間
11:00〜翌1:00
11:00〜23:00(日祝)

定休日
なし

アクセス
松戸市街より流山街道へ。街道沿い左側、貴生の並び。

Map Web Fan


 また出た「東京豚骨拉麺」系の新店である。10/9に新しくオープンしたこの店は、流山街道にある「貴生」の目と鼻の先というロケーションである。しかし、ファミレスとも勘違いするほどの立派な店構えにつられてか、連日お客さんが絶えない店になっている。

 この「東京豚骨拉麺」系が最初に発見された(笑)のは、一鉄@稲毛もしくは三間堂@小金きよしヶ丘のいずれかであろう。「東京背脂」「九州豚骨」「とろみ」と、各店で若干の名称の違いはあっても、3つのスープ(厳密には背脂醤油と白湯豚骨の2つで、背脂醤油にとろみをつけたのがとろみである)を揃えている。他にも県内では一鉄@八千代緑が丘・さんとん@茂原・角煮屋@松飛台・こてちん@木更津などが発見されている。これらのどの店よりも、この「しゃかりき」はでかい。とにかくでかい。

 店内は正にファミレスといった感じで、カウンターはなくテーブル席のみ。家族連れで入りやすい店と言えよう。店内のどこからも厨房が見渡せ、厨房では若いスタッフが元気良く拉麺を作っている。オーダーは食券制で、食券を買うとスタッフが食券を預かり席へ案内する。この日は「とんこつ(白湯)」「ネギぶた飯」を注文する。

 卓上にはニンニククラッシャー(とついつい呼んでしまうが、店の張り紙には「ニンニクプレス」とある)が何本も置かれ、常時交換している。また紅生姜やゴマも置いてあり良心的。ラーメンは前述の他店と大差なく、安定したスープを楽しめる。また「ネギぶた飯」は豚が佃煮のような味わいでご飯によく合う。

 ラーメン好きが通う店、というよりも家族で行って楽しめる店。当たりという店ではないが、外す店でもない。安全パイの一軒と言えるだろう。(Ricky)

2000.10.26