とんこつらーめん清ちゃん【閉店】


とんこつらーめん清ちゃん【閉店】

ジャンル
豚骨(とんとん暖簾分け)

基本メニュー
葱味噌ラーメン(480円)

場所
千葉市稲毛区穴川3-5-7

電話
 

営業時間
12:00〜翌02:00

定休日
第2・4木

アクセス
千葉都市モノレール線「穴川」駅下車。国道14号を稲毛区役所方面へ。穴川交差点を越えた道沿い左側。


 先日何気なくこの道を通っていたら目に付いた店であった。ガラス張りの店内にはイルカの人形に浮き輪といったリゾート気分一杯のアイテム。しかも「清ちゃん」という名前、誰だそれ。ずっと気になってはいたが、この日初めて店内に入ってみる。

 8席しかないカウンターのみの店で、人の良さそうな店主が一人で切り盛りをする。食券方式のオーダースタイル、メニューを見るとどのメニューも安い!400円台のメニューばかりである。店の一押しは「葱味噌ラーメン」とのこと。ではその自慢の一品を注文、480円である。

 店主は黙々と作業をはじめる。店内を見渡すと先ほどの食券機の横にジュースの自動販売機が!しかもどのジュースも100円である。なんて良心的なんだ。程なくしてラーメンが出来上がる。麺は「ラーメンハウスとんとん」製の生麺で、中細の縮れ麺。食感はプリプリとしていて○。スープは豚骨と鶏ガラベースと思われるが味噌と唐辛子が効いており思いの外辛目の味付け。具はチャーシューに辛い味付けをした刻み葱。この刻み葱のタレがまたスープに入り辛みが増す。夏の暑いときにはうってつけかも。

 店主に話を伺うと、2年前に開業したとのこと(ぢゃ2年も気づかなかったのね、僕は)。それまでは4年ほど小仲台にあった「ラーメンハウスとんとん」で修行をし、独立したのだとか。なお現在「とんとん」は小仲台にはなく、数カ所に支店を残すほかは製麺所として営業しているのだそうである。「美味しいラーメンを安く食べて頂きたいんです」とにこにこと話す店主。正直なところコストパフォーマンスとしてはこんなもんだろう的な普通のラーメン、しかしこの店主の姿勢には好感が持てる。鍋で炊いた米を一つ一つ丁寧に握って作ったおにぎりに、100円の自動販売機。客に優しい店主の作るラーメンはそれだけで食べる価値がある。(Ricky)

2000.7.12