ラーメン柵柵


ラーメン柵柵

ジャンル
中華

基本メニュー
ラーメン(510円)

場所
千葉市中央区新宿1-10-12

電話
043-246-4950

営業時間
11:30〜15:30,17:00〜21:30

定休日

アクセス
京成線「千葉中央」駅下車。海側国道14号方面へ直進。突き当たり丁字路を左折、道沿い左側。県道217号線近く。


 掲示板で「ジャージャー麺のあるお店」という投稿があり、そこから話題になった店。店名にはラーメンとついているが、ラーメン専門店ではなくれっきとした中華料理店。本格的な北京料理の手法を使った麺類中心のお店である。ラーメンは麺類(汁そば)に分類されるが、この店ならば湯麺類(具入りそば)を堪能すべきであろう。素菜湯麺(ちゃんぽん風)など具だくさんの本格的な中華麺料理が堪能出来るはずだ。

 そして今回のテーマ「ジャージャー麺」は中華料理では「炒麺類(やきそば)」に分類される。漢字で書くと「炸醤麺」である。早速注文をしてみる。すると厨房の男性がフロアの女性と「何か最近ジャージャー麺多いなぁ」「なんかテレビでやっていたみたいよ」などと会話をしていた。確かに私がいる間にもオーダー率は高かった。

 麺はいわゆる中華麺で、もちもちとした食感。麺は特筆すべき点はない。そして深めの丼に入れられた麺の上には肉味噌がたっぷりと乗る。その上に千切りのキュウリ。私は冷やし中華のキュウリは憎しみを抱くが、この濃い味噌の上に乗るキュウリは格別だなぁ。このキュウリが実にアクセントになり存在価値がある。冷やしのキュウリは惰性で生きているから許せないのであるなぁ。しかし見た目よりもこの肉味噌はおとなしい味わい。ここからは推測だが、この肉味噌には懐かしい味がする。ずっと考えていて出た一つの結論は「ソース」。厨房に目をやると業務用の中濃ソースがあったので、この肉味噌に入っているのではなかろうか。このソースの味わいが面白い風味を出している。また肉味噌には挽肉・タケノコ・椎茸などがたっぷり入っていて◎。その分麺の弱さが気になる。

 いわゆるラーメンと違い、スパゲッティの様に味噌を絡めながらズルズルと食するので、夏でもガンガン食べられる。私的には冷やし中華よりもこっちの方がいいなぁ。(Ricky)

2000.7.22