中華そば栄家(閉店)

外観(00.6.4)

中華そば並盛(00.6.4)

中華そば並盛(06.2.11)

中華そば栄家

ジャンル
醤油

基本メニュー
中華そば並盛(650円)

場所
千葉市稲毛区小仲台7-26-1

電話
043-254-8005

営業時間
11:00〜21:30

定休日

アクセス
JR総武線稲毛駅東口下車。ロータリー左ミスタードーナツ曲がる。直進し、道沿い右側。

 たまたま千葉市へ用事があったので、そのついでに先日自称家系通さんにオススメいただいた「栄家」に行こうと思い立ちました。行く前に営業時間などのデータをチェックせねばと思い、こちらのデータベースを参照させていただいていたら、Rickyさんのレポの中に「岐阜の名店大石家の流れを汲む店」との記述を発見。へぇ、そうなんだぁ。だとしたらスープはかえしのお湯割かなと思い、更に興味が沸く結果に。そう。岐阜県多治見市にある「大石家」さんは、チャーシューの煮汁をお湯で割っただけのスープのラーメンなんです。しかしこれをただのお湯割りと侮る無かれ。これが驚くほどに美味いんです。「梅の家」(竹岡)に負けてません。

 で、いざ「栄家」へ出陣。勿論、基本の「中華そば並盛り」を頂きました。サーブされるまでのあいだ、注意深くご主人のオペレーションを眺めていましたが、釜からすくって丼に注がれた液体は、どうみてもただのお湯。お会計のときにご主人に確認をしたので間違いありません。おお、これは本家のスタイルそのまんまだ。更に供された丼のビジュアルを見てびっくり。まるで本家のラーメンの生き写し。比較的厚めに切られた小ぶりのロールチャーシュー三枚と、独特な色の付き方をしたかまぼこがトッピングされているところなどが全く同じ。

 しかし実際に食べてみると、これは若干本家に比べて味が薄かった。このスープはお湯割りなので、味が薄いということは、即ち旨みも薄いということになるわけで、この点はちょっと残念でした。しかし店内の張り紙には、味の濃さも調整できるとあったので、濃い目でお願いすれば、きっと本家同様に美味しく食べられると思います。(やま その2)

2006.2.11

 昨年開店した「栄家」が、この度一周年を迎えたとのことだったので、記念品欲しさに(爆)訪れてみた。場所は稲毛駅からそこそこ歩いた距離にあり、途中「旨麺」「元氣一杯本店」などという強豪もあるが、地道に固定客をつかんでいる店である。そもそも岐阜の名店である「大石家」の流れを汲んだ店だけに、開店当初から注目を浴びていた店である。

 店内はカウンターのみのレイアウトで、店主夫妻が二人で切り盛りをしている。当然デフォの「中華そば(並盛)」(650円)をオーダーする。麺は細玉子縮れ麺で、食感が楽しめる味わい。しかしながら若干量は少な目である。スープは澄んだ醤油ベースで、無化調の味の奥深さが堪能出来る味。ラードの油もしつこくなく、いい塩梅を知っている職人の技といったところだろうか。具は厚めの叉焼3枚にメンマ、ネギ、蒲鉾と至ってシンプル。叉焼は火であぶった本格派で、デフォルトで3枚ついてくるのは嬉しい限りである。ネギは緑の部分を多用しており、多少スープに対して影響がある気がする。

 見た目は普通の中華そば、しかしひっそりとその影に潜む職人芸。そんな一杯を堪能できる店。しかし多少量が少な目なので、中盛りくらいが男性には丁度いいかも知れない。ちなみに1周年の記念品は100円ライター(名入り)であった。レアアイテムゲット!(Ricky)

2000.6.4

 偶然でしたが、1周年だそうで、本日粗品進呈でした。亭主は100円ライター、私はタオルハンカチ、ジャリボーイ2人は遊技王のシールをもらいました。さて、ラーメンですが、中華そばですね。さっぱりしていて、普段とんこつを食べている私にとっては、懐かしい味という感じですか。

 チャーシューは美味しいと思いました。具がどかんとのっているわけではないし、写真では、並盛りに3枚、大盛りには4枚チャーシューがのっているようなので、大盛りでもイケルかなと(女性の私でも)思いましたです。おにぎりもありまして「今日のおにぎり」は山菜おこわおにぎりでした。博多のラーメン屋がおにぎりやいなりずしを置いているので、これまた懐かしく。。。

 となりに座ったオヤジがイヤーホンして私の方に体をむけてデカデカと新聞広げて読んでたのが不快でした。お金を払う時も、おつりを待っている間立ったままレンゲだけ口に運んでスープを飲んだり。(丼は置いたままよ!!)「きったねぇな!座って飲めよ」と心の中で叫びました(聞こえないか)

 店主とおかみさん、そしてこの日は息子さんなのかな?若い修行の身モードのお兄ちゃんが厨房に立ってました。元々は博多系、九州系のとんこつ臭プンプンのラーメンが好きで、一番苦手が醤油ラーメンなのですが、ここならまた行きたいなと思える味でした。今度は大盛りの玉子入りを食して見ようと思います。(おだまり)

2000.6.3