らーめん幸


らーめん幸

ジャンル
醤油

基本メニュー
ラーメン(600円)

場所
千葉市中央区東千葉3-10-5

電話
 

営業時間
11:30〜15:00,17:00〜23:00

定休日
 

アクセス
千葉都市モノレール線「作草部」駅下車。すかいらーくの交差点を左折。通り沿い左側。


 有馬屋@東千葉の跡地に、新店が16日にオープンしたとの書き込みがあったので、先程確認してきました。チェーン店かもとのことですが、外から一見したところそうではない様に思われます。この場所のイメージと、決して目立つとは言えない外観からも、「ううむあまり期待しないほうがいいだろう。」というのが正直な思い。実際、昼過ぎの入店にもかかわらず、入れ違いで2名が出てきた他にはカウンターに自分一人きりになりました。

 メニューは「ラーメン」のみ。あとは味玉、メンマなどトッピングが数種類あります。選択の余地もないので、ラーメン+味玉(100円)を注文しました。出てきたラーメンはいかにもオーソドックスなビジュアルの醤油ラーメン。麺は山田製麺のもので中細で若干の縮れ、具材はチャーシュー2枚に、メンマ、ワカメ、スープの上には青・白ネギの小口切りと玉葱の細かいのが浮かんでいます。味玉の黄身はとろとろなので、最初に割ると黄身があふれ出ます。具材については特筆すべきものはありません。しかしスープについてはかなり気に入りました。何かが突出しているとか、凝縮された旨味がとか、そういう類のものではなく、昔ながらの醤油ラーメンのタイプですが、雑味がほとんど感じられない丁寧な仕事が感じられるスープでした。

 30年余り中華料理の世界に身を置いていたご主人は、どうしてもラーメン屋を自分で開いてみたくなりこの地に店を構えたそうです。自分が美味しいと思うラーメンを出すために、開店当初ということもありますがメニューを多様化することなく、ラーメンだけに力を注ぎたいとのこと。今後も坦々麺のみ増やす予定ですが、その2本立てでやっていきたいということです。基本的に厨房はご主人一人で行なう予定だそうで、「食べていけるくらいの人が来てくれればいいので、宣伝も全くやっていません」とご主人は笑って言いました。

 この通りにはほんの300〜400メートルの間に、「花月 嵐」「○金」「一代」「くまっこ」そしてこの「幸」と、ラーメン店が5店舗もありある意味激戦区かも(。笑)強烈なインパクトはないだけに、正直苦戦も考えられますが、ご主人の思いが広まっていって、沢山の人が訪れる店へとなることを期待したいです。(SATO-C)

2004.2.21