楽山担担面

外観(03.7.19)

楽山担担面(03.7.19)

基本メニュー 楽山担担面(700円)
所在地 松戸市稔台265-3
電話 047-361-4144
営業時間 11:30〜16:00,18:00〜翌2:30
11:30〜翌2:30(土祝)
11:30〜翌1:00(日)
定休日 月(祝日の場合は翌日)
アクセス 新京成線「みのり台駅」下車。県道281号(松戸鎌ヶ谷線)を松戸(国道6号)方面へ。県道沿い右側。らーめん貴生並び。

Map Fan Web

 みのり台からほど近い、土佐っ子の跡地に出来た新店である。ここは北国分にある中国四川料理楽山の支店だそうだ。楽山と書いて「ろうしゃん」と読ませる。四川省に楽山(れいしゃん)という地名があるので、おそらくそこから取ったのだろう。

 メニューは麺料理と丼、そして一品が少々。麺を中心にした中華屋さんのメニューという印象である。気になる麺メニューは看板と思われる「楽山担担面」の他に、「酸辣湯面」「搾菜肉絲湯面」など6種類ほどある。一品は棒棒鶏や皮蛋、麻婆豆腐などお馴染みのものばかりで頼みやすい。店は中国や台湾などの露店風の作りになっていて、最近の楊州商人のコンセプトにも似ている店作りである。

 厨房では威勢良く中華鍋が振られる音がしている。食欲をそそる音はいろいろあるが、中華屋さんの中華鍋の音たるやその最たるものと言えるだろう。ほどなくして担担面が到着。テーブルの上にある箸を使って食べるのだが、これが非常に長い箸で、お洒落といえばお洒落なのだろうが、ちょっと食べづらい。麺は割と弾力のある中華麺で、茹で加減はちょっと甘めではあったが許容範囲だった。スープは見た目ステレオタイプの担担麺であるのと同様、最大公約数の味わいがするスープではあるが、生姜やゴマ油に酸味の効いた芝麻醤などの香り豊かな一杯で、いわゆる担担麺の模範解答、といった印象であった。深夜遅くまでやっていること、そして挽肉がたくさん入っているのが嬉しい。(Ricky)

2003.7.19