ラーメンや(閉店)

外観(05.11.24)

ラーメン(05.11.24)

ラーメンや

ジャンル
醤油

基本メニュー
ラーメン(500円)

場所
富里市七栄525

電話
 

営業時間
18:00〜翌2:00

定休日

アクセス
東関東自動車道「富里インター」下車。国道409号線を成田市街方面へ。EXPOの丁字路を右折、CoCo壱番屋先、ジョイフル本田手前の細い路地を右折し突き当たり。駐車場あり。

 実はこの近くに最近出来たという新店目当てで、えっちらおっちら富里まで出掛けたのである。しかし営業時間を把握しておらず行ったらもう閉まっていた。さぁどうする、と思った時に目に入った店なのである。厳密に言えば提灯が目に入ったのであって、決して店が目に入ったわけではない。というのも、この店は通りから奥まったところにあって、立地としては決して恵まれたところにあるとは言えない店なのである。入っていっていいのかなぁ、みたいな不安な思いを持ちながら車を中へと進めていく。外観の写真はフラッシュを炊いていないので、その全容が明らかにはなっていないかと思うが、よく言えばDIY的というか、悪く言えば掘っ建て小屋である。その小屋の上に燦然と輝く店名は「ラーメンや」。シンプルイズザベスト。

 恐る恐る店内に入ってみると、そこには独特のシュールな世界が展開していた。まず全体的に俯瞰したイメージは「ガレージ」。スズキアルトだったか失念したが車の半分が置かれていて、その上に屋台風の厨房が作られている。その手前には畳の小さな座敷?がある。置かれている椅子は車のシートを改造したものだろうか。店内には寄せ集めて来たようなテーブルと椅子たち。そしてなぜか大きさも形もバラバラのテレビが3つ置かれていて、すべて電気がついていて流れているチャンネルもバラバラ。さぁ、この世界の中に一人放り出された私の不安な気持ちをあなたは分かるか?

 恐る恐る厨房の方に目をやると、リーゼントというか総髪の、ポマードというか瓶付け油の頭に髭を生やした強面のご主人に、正反対の優しそうなイメージの奥様の二人が何やらニュースを見ながら話しをしている。3つ点いてるんですけど、どのニュースについて語ってるのかしら。メニューを見ると随分色々とメニューが用意されている。ラーメン類はもちろんだが、つまみなどのいわゆる飲み屋メニューも充実している。ざるラーメンやカレーラーメンなどの魅力的なメニューもあったが、やはりここはシンプルに「ラーメン」(500円)を注文する。

 出てきたラーメンはいわゆる昔ながらの中華そば。鶏ガラベースのすっきりしたスープは、ちょっとニンニクが入って口当たりもよく飲みやすいスープ。具はチャーシューにメンマ、青菜、白髪ネギ、ネギ、なると。すっきりとしたスープに白髪ネギがなかなか有効で美味しい。麺は地元成田の麺屋さん佐原屋製麺の細縮れ麺で、ちょっと硬めに茹で上げてあるのがいい。いやはや入った時はどうなることかと思ったが、普通に美味しくどこか懐かしさを覚えるラーメンだった。

 食べ終わって帰る時に「美味しかったです」と言って声をかけたら、強面のご主人がとてもにこやかに微笑んで下さったのが嬉しかった。(Ricky)

2005.11.24