拉麺店情報

らーめん幌


らーめん幌

ジャンル
札幌(パンケ系)

基本メニュー
味噌ラーメン(700円)

場所
千葉市花見川区検見川町5-165-9

電話
043-274-3360

営業時間
11:30〜15:00,18:00〜23:00

定休日

アクセス
JR総武線「新検見川」駅下車。海側(国道14号方面)へ直進。立体交差を側道へ行き右折。旧千葉街道沿い、右側。


 久しぶりにこの店へ。味噌と塩は食したことがあるが、醤油については未食であった。「うちは醤油もいいよ!」という店主のお薦めに従って醤油を頂いた。

 結論から言えば、素性のいいスープはどんなタレでも旨い。すっきりとした醤油の味わいに、炒めたばかりの野菜が乗って、その香ばしさが加わる。これは味噌でも同じ事なのだが、醤油の方がより香ばしさが映える。麺はもちろん西山麺なのだが、味噌や塩とは麺線を変えているとのこと。だから茹で時間が異なるために、平ざるを使わずにテボを使用しているのだ。

 「火加減が一番重要。そして当たり前のことを一つ一つ丁寧にやれば、絶対に美味しいラーメンになる」そう言い切る店主に迷いはない。迷いのない店主が作るラーメンは客を迷わせることがない。堂々とした一杯を食べたい人はこの店へ。★★★★(Ricky)

2002.11.7


 前から存在は知っていましたが、通のあいだ(このサイトにこられるような方)では有名なお店なのだと言う事を最近知りました。4人で味噌2と塩2を注文。

 味噌、旨い!炒めた野菜の甘味と味噌のスープの甘さのマッチングが最高。麺は家系の固くて太い麺になれてしまった下に多少物足りなさは残るが、久しぶりの玉子麺の風味の良さに別の感動。このスープにはたまご麺がぴったりです。ただ、麺をゆでる時できればたまは使ってほしくないなあ。塩のスープも少し食しましたがこれも絶品。やっぱりスープのおしいい店は塩もおいしいね。(たけと)

2001.5.19


 近くに住んでいるにもかかわらず、まだ未食だった「幌」に行ってまいりました。幌は、パンケが修行先とのこと。10年ほど前はパンケ@大久保によく通っていたのですがすっかり疎遠になっておりました。先日の石神本を拝見し、幌の所を読むと、「あまりのスープの出来のよさに、塩も頼んでしまいました・・・」なんていうくだりが。塩好きの私としては是非そのパンケの流れを汲む幌の塩を食べてみようと思い、塩ラーメンを注文しました。

 麺は西山ラーメンと言うことで元々好きでも嫌いでも無い麺なので、問題なし、固さもOK。スープなんですが、「あまりの出来の良さに、塩を頼む」程のスープかなぁ。。。と言うのが私の感想。炒めた野菜がタップリ乗っていて、スープをすすった後麺と野菜をよく混ぜ合わせてからまたスープをすする。すると野菜の旨み、甘みがとけ込んでいい味になりましたがスープそのものの旨みというのはあまり感じられず・・・でもこれはこれでそういうスタイルのラーメン、きっとこれがオーソドックスな札幌ラーメンなのだと思います。最近周りにジャンルに限らずスープのダシにパンチが効いているお店が増えて来ているだけの話だと思います。だからスープのダシに癖のあるものが苦手な人にとってはこういうおとなしいラーメンの方がきっとお好みだと思います。

 今日は私はバター乗せをしませんでしたが、このスープならバター乗せをした方がスープにコクが出ていいだろうと感じました。そして野菜と麺をよく混ぜ合わせてから食す。この食べ方をオススメします。野菜ってこんなに旨みをもっているんだ。。。と身体で感じることができます。なんだかんだ言っても、やっぱり味噌でしょう。札幌ラーメンは。この感じなら味噌もバターを乗せたほうがきっとスープが光ると思いましたです。味噌バターラーメンを考案した人がとっても偉大に感じました。(織田マリ)

2000.11.12


 「パンケ」(八千代台)を祖とする「パンケ系」は「パンケ」(大久保)「コタン」(船橋)と名店揃いだが、この「幌」も大久保のパンケで修行を積んだ店主が夫婦で営む店である。この日は土曜の昼ということもあり、最高で10名程の待ちが出るほどのにぎわいであった。

 麺は札幌ラーメンのブランド、西山ラーメン。スープは豚骨と丸鶏を主体に鰹節や煮干し、昆布といった海産物を加えたもので、半月寝かせたという自慢の合わせ味噌の味わいがたまらなくこのスープに調和する。パンケなどと同じくハンドミキサーで味噌を溶かす手法は変わらないが、上に乗る野菜をスープと共に炒めないのが「幌」流。その分野菜の味わいが引き立ち、逆にスープの甘みを抑えることとなる。スープの素性がいいので、塩もお薦めの店である。

 具は肩ロース生肉使用のチャーシューが絶品。その他コーン、キクラゲ、ネギ、メンマそして炒めたモヤシなどの野菜がたっぷり乗る。おだやかな味わいの味噌の佳作が堪能できる店と言えよう。(Ricky)

2000.4.15