パンケ


パンケ

ジャンル
味噌(ラーメンパンケ支店)

基本メニュー
味噌ラーメン(700円)

場所
習志野市大久保2-1-1

電話
047-478-9191

営業時間
11:30〜23:00

定休日

アクセス
京成線「京成大久保」駅北口下車。駅前の通りを右へ。最初の交差点の右側。


 スープは甘くてそれを引き立てるほんの柔い辛みが良いバランスでした。面白かったのは、スープをどんぶりに入れてから天井のコンセントに繋いである泡立て器でホイップさせていたこと。スープのまろやかさが程良く出ていたのはこのためでしょう。(ちなみにみそ・餃子)餃子も癖がなくて美味しかったです。しかし今週は光麺に始まり支那そばや・千葉家・天下一品・とたて続けでラーメン中毒になったようです。しばらく空けないと…。(Yoshida)

2000.3.26


 ここのところ、多忙を理由に個人活動が出来ずにいたので、この日は最初からこの「パンケ」を目指して京成大久保に向かった。この「パンケ」は船橋にある味噌ラーメンの名店「コタン」の修業先でもある「ラーメンパンケ@八千代台」の支店とのこと。久々に味噌ラーメンを食べることとなった。

 外見はありがちな普通のラーメン店、予備知識がなければ一瞬ひいたところであろう。中に入るとラーメン店とはミスマッチな椅子とテーブル。場末の喫茶店のような雰囲気である。しかしクマの置物や西山製麺所の暖簾など、ところどころにそれらしさはにじませる。何も悩まずに味噌ラーメンを注文。

 注文を受けてからの厨房の動きは素早く、無駄が感じられない。味噌ダレをスープで撹拌する際に電動の機械を使用していた。野菜を炒める音と香ばしい匂いが嫌でも食欲を誘う。

 具はコーン・ゴマ・ネギ・キクラゲ・チャーシュー、その上に炒めたキャベツ・人参・モヤシ・挽肉・タマネギが乗る。麺の茹で加減も申し分なし。なによりもスープのコクが!豚骨ベースのスープに3種の味噌が合わさって絶品であった。味噌ラーメンもバカにできないぞ、という入魂の一杯であった。(Ricky)

2000.1.20