拉麺店情報

おとおラーメン


おとおラーメン

ジャンル
醤油

基本メニュー
ラーメン(500円)

場所
市川市新浜1-2-25

電話
047-358-4317

営業時間
11:30〜21:00

定休日

アクセス
営団地下鉄東西線「行徳」駅下車。県道6号とは反対側(海側)へ。西友の角を右折(新浜通り)。道沿い左側。


 昨年夏のオープン以来宿題になっていたお店である。この日は行徳の他のお店に行こうと思っていたのだが、あえなく振られてしまい緊急避難的にこの店へ。なぜ今まで足を運びにくかったかと言えば、昔ながらの支那ソバテイストのラーメンがあまり得意ではないのである。決して嫌いというわけではないのだが、化調が強かったり、メンマが臭かったり、あるいはスープも生姜がガンガン効いていたりと、どうにも今一つという印象が多いのである。

 店の中に入ってみるとほぼ満席。開店して約1年、地元のリピーターが着いているようである。家族連れや休日のお父さんなどが多い。とりあえず基本の「ラーメン」を注文する。

 出てきたラーメンはなるとこそ乗らないが、実にシンプルなラーメンのビジュアル。期待せずにスープを啜る。ん?臭くないぞ、すっきりしてるぞ。塩分も程良いし、カツオの風味もほんのりだし…、フツーに旨いぞ。と、思った時にゆあTeaさんのレポを思い出した。「いい意味で没個性的」…正に言い得て妙、その形容以外に言葉はない。すごくシンプルでバランスがいいのだ。

 敢えて言うならば、その没個性的な中でチャーシューは旨かった。でもやっぱりフツーに旨かった。★★★(Ricky)

2002.4.28


 本日家族3人で行って参りました。場所は行徳駅を湾岸方面に行き西友のある交差点(この近くにあのタンクもあります)を右折して次の信号を左折すると葫ですがそのまま直進するとすぐ左側にあります。

 店内はカウンターが約12席と奥に4人座れるテーブル席が1つあります。メニューを見ると「昔懐かしい屋台の味 支那ソバ 醤油ラーメン」とあります。とりあえずラーメン(500円)とつけ麺(550円)と野菜餃子(300円)を注文しました。60歳前後のご主人と70歳前後の接客係のおじいさんとお二人でやってらっしゃいました。

 出てきたラーメンは本当に昔というか子供の頃に食べた東京ラーメンの味で、素朴な「ほっとする味」でした。つけ麺のタレはトウバンジャンが入っていて、ちょっと自分的には「?」という感じがありました。

 他にメニューは塩ラーメン(500円)、ワンタンメン(700円)、等。お酒も置いてあります。大盛りは1.5玉と2玉があり100円増しのようです。おとおの登場でこの界隈はタンク、葫、おとおと激戦区になりつつあります。今後の展開が気になる所です。

 お子様連れ情報
こちらのお店は段差はありませんが、ベビーカーで奥までは入れません。カウンター席の真ん中に建物の柱部分がで出っ張ってまして折り畳まないと無理です。お子様用の食器は出てきますがお子様用の椅子はありません。(ROCKY)

2002.4.27


 以前、見かけたというだけで書き込みしたおとお@行徳に行って来ました。「昔懐かしい支那そば」のキャッチフレーズのラーメンをいただきました。鶏ガラ・豚ガラ・カツオだしの透き通ったスープに細めの縮れ麺、具にはノスタルジックなロースのチャーシューにメンマ、海苔、小松菜、刻みネギです。

 で、味なんですが、特にこれといった特徴はないものの、どれひとつ突出することもなく、大変バランスがいい印象を受けました。たいてい「昔懐かしの」とか銘打っているラーメンでも何か足りないものを感じたり、どこかに個性があるようなもんですが、こちらのは、いい意味で没個性的にうまくまとまっているラーメンだと思います。ここまで「ふつう」なラーメンも、今の時代、めずらしいんじゃないでしょうか。

 それから補足ですが、ちなみにご主人、とってもいい方です。(ゆあTea)

2002.4.4