こってりらーめんなりたけ千葉店

外観(00.6.25)

らーめん(00.6.25)

味噌らーめん(00.6.25)

基本メニュー らーめん(650円)
所在地 千葉市中央区富士見2-14-6
電話 043-227-5599
営業時間 11:00〜翌3:00
定休日
アクセス 京成線「千葉中央」駅下車。国道14号線(ナンパ通り)をパルコ方面へ。通り沿い右側、雑居ビル地下。

 ども、留年王です。なりたけ@千葉で味玉を食べましたのでご報告します。

 黄身は半熟ですがやや固めで流れるようなことはありません。味付けは特に変わったところはないと思います。出し方は一個を手で割って二つになって出てきます。肝心の卵の質は普通と思います。

 今回、醤油ラーメンを注文したのですが、スープの温度が、異様に低かったのが気になりました。他の二店との関係でスタッフが変わり、全体の味としては良くなっているのに残念でした。

 ではでは。(留年王)

2002.3.27

 着いたのはお昼の1時ごろ。L字型の17席のカウンターは満席であリ、二人がならんでいた。我々は家族4人でそれに続いてならんだ。カウンターの中から,どうしても4人で座られたいですか,それとも二人ずつになってもかまいませんかとの問い合わせ。もちろん二人ずつになってもかまわないと応えた。家族連れにも気をつかってくれているという気がして好感がもてた。

 さて、ラーメンの味である。私はなりたけのラーメンは初めてであり、醤油と味噌を注文した。醤油は店の看板通りほんとうに「こってり」で重い。う〜ん、むむむ、くやしいが全部食べられない。おいしいとは思う。でも自分にとっては重い。くそぉ〜っ。歳をとってしもうたなあ。なりたけのこってりを全部食べられへんくらい中年おやじになってしもたいうことやないけ。その証拠に若いもんが行列作ってならんどるわい。そんなおやじが「ここの店は味噌のほうが合っている」なんちゅうても、誰も聞かんやろ。そんな話。(ちゃんちゃこ)

2000.9.30

 津田沼の行列店「なりたけ」3番目の支店がここ千葉店である。本八幡に続いて昨年末にオープンした。オープン当初から午後8時までという営業時間が続いていたが、今月より他店同様に午前3時までのオープンになった。店は雑居ビルの地下に有り、L字カウンターのみの席。本当にこの千葉店は空いている。この日も2名のみの先客。厨房にはお馴染みの赤いTシャツ店員が2名。

 今回は「らーめん」「みそらーめん」の2種を注文。「みそ」はここ数日の会議室で、そのしょっぱさが話題になっていたメニューである。私自身、なりたけでは「みそ」はほとんど注文しない。というのも、明らかに醤油の方がダシの味わいが堪能出来るからである。味噌は濃い味付けに留まらず、背脂もたっぷりなのでしつこく感じてしまうのである。しかし久々に頼んでみて食してみると、やはり味は濃いものの、背脂の甘さと合わせると濃厚な中にも深い味わいを堪能でき、それなりに美味であった。麺は他店同様、珍来に特注した中太縮れ麺。津田沼の珍来の麺箱には「習志野」と書かれていたが、この店の麺箱には「石岡」の文字。また開店時に問題であった麺の茹で加減については問題なく、美味しく食べられた。

 しかしやはり醤油を食べると格段にこちらの方が美味いと感じてしまうのだなぁ。またこれもいつも気になることだが、なぜ醤油の方にモヤシが山盛りで味噌は少ないのだろうか。ニラがあるのはいいとしても、モヤシもたくさん欲しいなぁ。(Ricky)

2000.6.25