中野家(移転の為閉店)


中野家

ジャンル
家系(本牧家系)

お薦めの一杯
ラーメン(600円)

場所
千葉市中央区生実町1605-4

電話
 

営業時間
移転のため閉店しました。

定休日
 

アクセス
京成千原線「学園前駅」から県道66号線を京葉道路蘇我IC方面へ行った県道沿い左手。


 さよなら中野家オフで初めて中野家へ、しかも初めて家系ラーメンを食すことになりました。このサイトでは中野家はとっても人気があるのでかなり期待。中盛り煮玉子、デフォルトの味、麺、脂をオーダー。Ricky氏が「スープは是非レンゲからでなく、丼から飲んで見て!」とのオススメで試した所、味が全く変わるのです。丼から飲んだ方がマイルド!みなさんもお試しあれ!

 麺。太めでもちもちしていていいのですが、どうも好きになれない。なんかやや平たくて、舌触りがいまいちしっくりこないです。なんで丸くないの?硬さも程良く硬くていいのに。家系の麺はこれが普通なのでしょうか。スープ。店中豚骨臭バリバリでウキウキし、スープもコクがあっていいのですが、半分くらいからエグサが口に残り、このエグサは何だろう。。。飲み干せませんでした。

 今までのレポを読むと、家系は豚骨に鶏ガラが本道のような事を書いてありましたが、私にはもう少し鶏ガラが多い方があっているのかもしれません。九州系豚骨が一番好きなくせに!(笑)ただ、九州系豚骨は、コクがあって豚骨バリバリだけどこれよりあっさりしているように感じます。背脂のせい?

 しかしながら皆が中野家中野家いうだけあるグレードの高さだとは思います。こんな事書きながらももう一度行きたいと思いますもの。今度は麺ももっと硬く、味も薄く、脂も薄くしてオーダーしてみます。幸い我が家に近づいてくれるし!(おだまり)

2000.9.23


 前日に中田氏より電話を頂き、この日新店舗の件の打ち合わせを兼ねつつもラーメンを食しに。もうバカの一つ覚えで「海苔増し玉子多め濃いめ」でオーダー。平日の昼間、食事時を過ぎた辺りであったがほぼ満席の状態が続く。固定客をかなり掴んできた様子である。

 掲示板にもアップしたが、新店舗の正式発表が出来ることになった。あとは来月の開店を待つばかりである。詳細はこちらで。(Ricky)

2000.9.2


 11日に新店舗の件で中野家に行き、ついでにラーメンも食べているので、この日は1日置いただけの出撃。夕方に出かけたが、家族連れなどでほぼ満席状態。最近味が変わったのでは、というご意見がいくつかあったので11日にはデフォで、この日は多め濃いめで頼んでみた。

 私的にはさほど変化はなかったように思う。11日のスープはあっさりとしていたが十分コクを感じ取ることが出来たし、この日はこの日で申し分なし。店主にこの話をすると、基本的に味は変えていないがやはり夏は出にくいとのこと。冬の方が状態がいいということだ。いずれにせよ「どんどんご意見を頂きたいです」とおっしゃっていたので、とりあえず「営業時間を伸ばしてぇ」といっておいた(これって味と関係ないじゃん)。ちなみに新店舗に移る際に営業時間の検討はしている様子。今まで通りか中休みを作って夜までやるか。

 掲示板にもアップしたが、新店舗移転については順調に準備が進んでいる。いずれ正式発表するのでもう少しお待ち下さいとのことである。待ちましょう。(Ricky)

2000.8.13


 波里でラーメンを堪能していたところへ、中野家店主中田氏より携帯に電話がかかってきた。おや珍しい人からと思っていると、先日決まった移転の話が延期になったとのこと。気になったので早速この日店へ行ってみた。

 「山路さんのお知り合いやHPの皆さんにお伝え下さい」とのことで、色々お話頂いた。今日現在の状況をまとめると以下の通りである。

・現店舗での営業は9月末まで
・中央公園脇の新店舗への移転はなし
・10月より新店舗で営業開始

 新店舗についての情報は分かり次第またこの場でご報告することになると思う。ちなみにこの日のラーメンも死角無し。未食の方はぜひ一度訪れて欲しい店である。横浜に行かなくとも本物の家系がここで楽しめる。(Ricky)

2000.7.10


 中野家行ってきました。初めてだったけど、硬め濃いめ多めで頼んじゃいました。いや〜旨かった、完食です(^^)やっぱり家系の麺は良いですねぇ、あのモチモチした感じ・・・堪りません。けどスープは<地鶏>の方が鶏の香りが強く好みです。

 四街道から浜野に続く県道、内房線のガードくぐってから迷いそう。中野家はパルコの近くに移転すると聞きましたが、佐倉からちょっと遠いけど今の場所のほうが車止め易そうで良いんだけど・・・(DEN)

2000.7.4


 先日会議室にタレこまれた「中野家移転」の噂。その真偽を確かめるべく8日のインターバルしか置かず、再度中野家へ。夜の閉店間際を狙って行ったのだが、半分以上の着席率、これでは込み入った話は出来ないなぁ、と思いつつとりあえずラーメンを注文。早く他の客帰らないかなぁ、と思っていたらみるみるうちに客が引いていく、皆食べ終わったようである。

 すると店主中田氏の方から私の方へ歩み寄ってきた。「山路さん、ちょっといいですか?」あ、山路さんとは私のことです。「あ、はいはい」「あのちょっとお話があるんですけど」「は、はい」「今度、この店場所を移すことにしたんですよ。お知らせしておこうと思いまして」まさか店主の方からその話をしてくれるとは!そのあと例によってラーメン談義に入っていったのである。

 「おかげさまで、今の場所でも土日や夜はいっぱい入って頂いているんですけど、どうしても平日の昼が弱くて」「そうですよねぇ、で、ここはいつまで?」「いやぁ、2人でやってるんで、向こうの準備の時とかはこっち空けちゃうこともあると思うんですけど」「新しいとこは人多いですもんねぇ」「向こう行っても頑張りますんで、今後ともよろしくお願いします」「もちろんもちろん」

 学園前という立地で評価を確実にした中野家、いよいよ満を持して今年8月、千葉の街に出陣である。(Ricky)

2000.6.9


 本当に久しぶりに中野家へ。ここのところ「なんちゃって家系」に振り回され、やはりホームグラウンドで再確認、という意味もあった。午後1時過ぎに店へ行ってみたが、客は誰もいなかった。店主中田氏にご無沙汰の非礼を詫び「ラーメン海苔増し煮玉子油多め味濃いめ麺固め」で注文。

 「忙しかったんですかぁ?」などと言われつつ厨房の作業を見つめる。相変わらずの真剣勝負は見ていて気持ちがいい。そして出てきた数カ月ぶりの中野家のラーメンは相変わらず美味。ラーメン本に掲載されても味は変わることなく、強烈なパンチとコクを堪能。千葉のラーメン好きは必ず足を運ぶべき名店である。(Ricky)

2000.6.1


 前回より一週間おいての挑戦。前日発売された、石神本(千葉編)になんとここ中野家が掲載されたのだが(誤解のないように言っておくが、中野家は掲載されるだけの価値はもちろんある。驚くべきは石神氏がここを見つけていたということである)、その影響もあってか満席の上に常時10名程の行列が出来ていた。開店当時より通い続けてきた私にとっては嬉しい反面、行列が出来てからの店の状態を考えると不安にもなる。人気が出たことで味を落としていく店を数多く見てきているだけに、これからが中野家の正念場と言えると思う。

 さて、その様な状態でのラーメンはどのようであるか。今回のオーダーは「ラーメン煮玉子入り海苔増し、多め濃いめ」である(日に日に豪勢になっていく私の注文)。ロットは多くなることが想像出来たが、普通ロットが大きい場合は「固め」にするが、あえて麺については「固め」にしなかった。その様な状況下でのラーメンを見たかったのである。案の定ロットは6、私のラーメンは3/6であった。ちょうど真ん中ということもあったが、6で作っても状態は問題なし。バランスもよかった。麺の茹で加減もちょうどよかった。

 惜しむらくはさすがに2人では行列をさばき切れないというところ。待たされている側が無秩序状態であった。しかし2名ではどうにもこうにも。どうしたらよいものかラーメンを食べながら、そんなことを考えてしまった。以前から気になってはいたが、トッピングをする人がお金のやりとりをしているのが気になるので、食券導入も一つの手かもしれない。いずれにせよ、今年の中野家は目が離せない店になったことは間違いない。(Ricky)

2000.2.26


 前回より10日ほどおいての挑戦。この日は「ラーメン煮玉子入り、多め濃いめ」でオーダー。土曜のお昼時ということもあって、ほぼ満席状態になっている。しかしロットは2で、丁寧に仕事をしている。前回よりも若干スープの味がぼやけた感じがしたが、旨味やコクは相変わらず。前回から今回までの間に千葉家を食べただけに、ますます千葉家のあっさりが気になった。隣のおじさんがいきなり胡椒をどばどばかけていたのには閉口してしまった。(Ricky)

2000.2.19


 久々の挑戦。まずは店主に挨拶し、最近の店の様子を伺う。昨年「Chiba Walker」に掲載されてから週末には行列が出来るようになった、と喜んでいた。また兄弟弟子の「千葉家」との違いについてラーメン談義。詳しい内容は記さないが、私も店主同様、家系にはコクが大切という意見で一致した。この日は「ラーメン多め濃いめ」でオーダー。相変わらず美味しく仕上がっている。しかし若干私には濃いめでは濃いかもしれない。次回はちょっと濃いめで頼んでみようと思う。営業時間が1時間短縮されたことにブーたれて店を後にした。この時間ではJRAの活動で足を運べないのである。しかし、街道沿いで高速インターそばにも関わらず、あまり遅い時間帯は動きが悪いとのこと。大型車運転関係のお仕事の方!ここに旨いラーメン屋があるよ!(Ricky)

2000.2.9


 いよいよ「多め濃いめ」でオーダー。以前は気づかなかったが、トッピングメニューも増えたようだ。「ラーメン中盛り海苔増し多め濃いめ」900円を注文する。いやはやびっくり、格段に旨くなっている!もちろん濃いめにしたという分を差し引いての事である。同じ本牧家出身の「千葉家」が豚骨100%であるのに対し、ここは家系本来の「豚骨・鶏ガラ」ベース、味の深みからして、こちらの方が本道のような感じがする。(Ricky)

1999.12.22


 この日もデフォルトで挑戦。以前より大分深みが感じられた。鶏油のバランスもよい。(Ricky)

1999.11.18


 1ヶ月後に再挑戦。この日も同じく「ラーメン中盛り」を注文。今回もデフォルトで様子を見た。今回も見た目に較べるとあっさりした感じ。うぅむ、美味しいのだが、まだまだ安定はしていない様である。頑張れ。(Ricky)

1999.8.10


 家系が千葉に出来る!この情報はインターネットでゲットした。そして1999年7月に開店。開店間もないこの店に足を運んでみた。店内には「ラーメン博物館にも六角家出店!」というポスターが。しかし、ここは六角家ではないだろう。おそらく家系に馴染みの薄い千葉市民への広告効果として「六角家」の名を借りたというところか。店主に話を聞くと「本牧家」で修行したとのこと。楽しみである。オーダーは「ラーメン中盛り」700円。家系は脂とタレの多さと濃さを選べるが、とりあえずデフォルトで勝負。

 正直、千葉でこれほどまでの家系に出会えるとは思っていなかった。麺も酒井製麺を使用して、正に家系である。開店したばかりということもあり、家系本来の持つコクが出きっていない感は否めないが、まずは及第点。今後が楽しみな店になった。(Ricky)

1999.7.17