横浜ラーメン武蔵家西千葉店

外観(07.10.31)

ラーメン(08.1.30)

ラーメン海苔増し(07.10.31)

基本メニュー ラーメン(600円)
所在地 千葉市中央区春日2-19-9
電話 043-238-6544
営業時間 11:30〜翌1:00
11:30〜24:00(日)
定休日 なし
アクセス JR総武線「西千葉」駅南口下車。ロータリーを出て右折。道沿い左側。

 オープンして数カ月、ようやくの訪問となった。オープン当初よりも営業時間が伸びて定休日もなくなった。千葉店同様深夜にも使える家系というのはとても有り難い。オープンした時はかなり濃厚と聞いていたが、その後ライトなスープになったとも聞き、期待と不安が入り交じりつつ店内に入った。もちろん基本となる「ラーメン」(600円)をオーダーする。

 ほどなくして出て来たスープは見るからに濃度が高そうな色合い。レンゲを持ち啜ってみると期待通りのしっかりした重みあるスープ。家系としてこういう濃度のスープがいいのか悪いのかはさておき、しっかりと豚骨の旨味を感じさせて鶏油の粘度と甘みも配されているこのスープは非常に完成度が高い。それでいてカエシの醤油臭さも少し感じさせ、家系的なバランスに落ち着いている。チャーシューは少し味付けが濃く感じたが、厚さもそこそこあって食べ応えのあるモノ。チャーシュー好きな人にはオススメかも。また卓上に置かれている白ゴマが実にスープと合っていたので試して欲しい。麺は酒井製麺の麺を使用しているが、若干熟成が進んでしまっていたのか、酒井麺が持つ独特の食感よりもモチモチ度が高くて残念。もう少しぼそっと感とモチモチ感が共存するのが酒井麺の魅力だと思うのだが。唯一この麺だけがちょっと残念だった。

 しかし全体としては大変満足の出来る一杯であり、もっと人気が出ても良いのになぁと思う出来映え。無骨な感じの接客も過不足なく心地よい。一杯で充分満足出来るだけでなく、ライス無料というサービスもあり、よりそのコストパフォーマンスを良く感じさせるだろう。家系好きの私だがまた足を運んでみたいと思える家系の登場である。(Ricky)

2008.1.30

 カウンターのみ12席程度の店内、入って右側の券売機とは反対の左側に給水機があり、初めての人は見逃すのでは?(←見逃したw)「半熟味玉ラーメン並」(700円)デフォルトの「ラーメン」は(600円)です。木曜16時で着席率は8割程度、昼時は行列してるのかも知れませんがすぐに座れて6〜7分くらいでオーダーが出てきました。

 虎の穴@稲毛との濃度合戦かと思いきや、出てきた瞬間わかるような見るからにライトな感じがするスープで想像と違っていました。表面に浮く油の量は逆に多く感じます、乳化度が低いということか?口当たりはサラサラで、粘度はほとんどありません。

 ただ、濃度や粘度云々ではなく、スープの旨味やカエシとのバランスといった観点では非常に良く、全体として美味しいラーメンに仕上がっていると思いました。やっぱバランス感覚って大事ですね。最近の家系ライト化の流れはあまり好きじゃないですが、この店はライトにありつつも、不足感をさほど感じませんでした。

 麺は家系御用達の酒井製麺、切り口が角っぽくてシャキっとした食感がスープとも相性良く、茹で加減はいつも家系の店で堅めをオーダーする人にしてみればちょい柔い程度?いやでも、このスープならこのくらいが調度良いのでは、という感じ。

 具はロース肉かな?と思われるチャーシュー1枚、ホウレン草、少量のネギ、大降りの海苔3枚。海苔は無造作に乗せられて丼の表面を覆っていて、見た目としても迫力があります。ただチャーシューはもうちょっと厚く切って欲しい。味玉は半熟具合も上々、それ自体の味は控えめだけど、スープとの融和を考えての意図があるのではないでしょうか。

 壁の張り紙に「ライス無料(大盛・並・半ライス)!お気軽に!」とあり、腹具合的に厳しい癖に思わず半ライスを頼んでしまいました。やはりライスは濃度やカエシが強めの方が美味いですが、家系はどの店も根本的にライスと合う組み立てだと思います。

 とかく濃いめ好きな自分でも、「これはこれで好き」な味でした。ライトな家系は何度か食しましたが、いつも味が足りないだの旨味が充実していないだの文句ばかり言っていただけに、この店のレベルが高いのではないかと個人的に思います。(ヨースケベ)

2007.11.8

 駅からは西千葉駅を海側に降りて正面にある西友を右に曲がってすぐ。 駅から徒歩1分ぐらいでしょうか。丁度お昼時に着いてしまったので店外に10人程の待ち。とはいえ回転が早いので10分ぐらいで入店できました。オペレーションは全く問題ないですね。初日というのに何のトラブルも 無くガンガン回してるように見えました。

 味のほうは、初日から頑張ったな〜という感じ。 スープの濃度がかなり濃い目だったんですが、カエシとのバランスが絶妙で非常に美味しかったです。武蔵家は他の家系よりもアブラが少ないのに物足りなさがないってところもポイント高いです。

 今まで県内の家系って大学の側にはなかっただけに、このお店が千葉大学の学生にどれだけ受け入れられていくのかが楽しみです。(ふゆつき)

2007.10.31