ちゃーしゅーうらーめん紫【閉店】


ちゃーしゅーうらーめん紫【閉店】

ジャンル
醤油

基本メニュー
らーめん(450円)

場所
佐倉市鏑木町1-7-21

電話
043-483-1368

営業時間
11:30〜15:00,17:30〜24:00

定休日
第2、4木

アクセス
JR総武本線「佐倉」駅北口下車。ロータリーを直進し、国道296号を左折。国道沿い右側。


 昨日行ってきました。食べたのは「ちゃーしゅーうラーメン」に玉ねぎトッピング。八王子系なのか、竹岡系なのか、見るまでは不安だったんですが、明らかに竹岡系でした。まあ、麺は乾麺ではありませんし、スープもちゃんととっているようでしたが、チャーシューや玉ねぎ、カエシというか、スープの味はまさに竹岡。

 で、具体的な味のほうですが、Rickyさんの感想と同じですね。普通の竹岡系に比べるとかなり甘めで、もう少ししょっぱめというか、醤油というか、カエシがたっててもいいんじゃないかな〜とは思いましたが、コレはコレでアリって感じで私は好きな味でした。でもこの辺が竹岡好きな人には評価がわかれるかな〜ってところ。麺は普通の麺でしたが、このスープにはあっていると思いました。チャーシューは丁度最後の辺りだったらしく、ちょっと硬い部分もありましたが、基本的には味がよく染みていて、且つ中の方はとろけるようで、美味しかったです。

 接客も非常に好感の持てるものでしたし、これから地元で人気が出てくるんじゃないでしょうかね〜。それと、佐倉でこの時間まで竹岡系の味が食べられるお店が出来たということがすごいんじゃないでしょうか?(ふゆつき)

2005.4.9


 以前少年隊のVictory改めモリカツよりタレコミがあったお店。「ら〜めんラ○ドが新しくなってましたよ」と言われても、別ブランドをいくつも展開する店だけに、そうそう食指が動くものではない。しかし会議室への投稿から、どうもこれまでのら〜めんラ○ド系のブランドとは違い、竹岡式のラーメンを出していると聞いては、これはこれで食指が動きまくるわけである(^^;

 場所はJR佐倉駅の北側。ボウリング場やいなげやのある側の296号沿いである。間口の狭い小さなお店だが、紫色の看板に白い大きな文字で「ちゃーしゅーうらーめん紫」とある。「ちゃーしゅー」じゃなくて「ちゃーしゅーう」ね。発音が難しいぞ。店内はL字カウンターのみで、狭いけれど圧迫感のようなものはなく、照明も明るい。清潔感が感じられる店内だ。

 メニューに目をやってみると、「らーめん」(450円)「味玉らーめん」(550円)「ちゃーしゅーうめん」(650円)「味玉ちゃーしゅーうめん」(750円)。それぞれ150円増しで大盛りも選べるが、要するにラーメンは1種類で後は具のバリエーションなのである。その他にメンマやタマネギのトッピング、「ミニちゃーしゅーう丼」(250円)「ちゃーしゅーう丼」(450円)や、メンマ、味玉、チャーシューを乗せた「よくばり三種盛り」(450円)なんてのもある。もちろん基本の「らーめん」をオーダーする。

 出てきたラーメンはそのスープの色こそ違えど、竹岡の流れを汲んでいることは一目瞭然のビジュアル。麺は中細縮れの生麺で、茹で加減は申し分なし。スープは梅乃家などと較べると明らかに醤油色が弱いが、若干濁りが見えるのはおそらく動物系のスープをある程度取っているのだろう。ただカエシが非常に甘くて、この甘いスープの味はダメな人はダメかも知れないが、私的にはOKだった。具は店名に「ちゃーしゅーう」と謳っているだけあって、チャーシューの存在感が凄い。大きくて厚めのチャーシューが3枚乗ってくるのだが、これで450円のラーメンとは驚きだ。あとはタマネギとメンマだが、梅乃家同様にタマネギはデフォルトだと少な目なので、タマネギ好きの人はトッピングで追加(50円増し)すればいいだろう。

 夜になるとコンビニ以外はほとんど何もやってないこの街道沿いで、深夜まで開いている営業時間も嬉しい。丁寧で元気な店主の接客も好印象。純粋な竹岡式とは言えないが、これはこれでそれなりにまとまっている一杯であった。(Ricky)

2005.4.6


 初回は驚いていて良く分かりませんでしたが、再度行って見たところ、以下の事が分かりました。

 基本のラーメンが450円で、チャーシュー3枚が乗ってます。トッピングに煮卵などもありました。まず、麺は乾麺ではなく、生麺を使用しています。次にスープです。以前私は『チャーシューのスープ』と投稿しましたが、どうも別の感じのスープです。同じ佐倉市内・上座の『二本松ラーメン』や、東金『ぐう』のスープと比べ、色がかなり薄めです。味は甘めで、そんなに塩辛くありません。よく分かりませんが、チキンスープなども入っているかもしれません。チャーシューですが、私はおいしいと思いました。分量的にもちょうどいいと思いました。

 考察するに、純粋な竹岡式ではなく、『竹岡風』なのかもしれません。『紫』ご主人によると埼玉県・所沢市の『本家梅乃家』と言うお店と関係があるとの事です。突っ込んだことは聞かなかったので、どのような関係かはわかりませんが、ネット画像で見ると、両者は非常に似た感じです。(JFK)

2005.3.29


 先日、JR佐倉駅近くの『ラーメンランド佐倉店』へ行ったら、『ちゃあしゅうらーめん紫』なる見慣れない暖簾に変わっていました。ラーメンランドは八街へ移転したとの事です。

 で、意を決して入ってみました。出てきたラーメンは、チャーシューのスープと、麺のの上に刻み玉葱の載ったものでした。あれっ、これは…竹岡式かな??会計の際に聞くと、まさしく『竹岡式』とのことです。メニューには玉葱50円なんてのもありました。カウンターのみの非常に小さなお店です。またオペレーションが不慣れなようです。(JFK)

2005.3.22