ラーメン夢道江川海岸店

外観(07.2.28)

とんこつしょうゆラーメン(07.2.28)

しょうゆラーメン(07.2.28)

基本メニュー とんこつしょうゆ(600円)
所在地 木更津市江川999-6
電話 0438-41-7741
営業時間 11:00〜21:00
定休日 なし
アクセス JR内房線「巌根」駅下車。陸上自衛隊方面へ。県道87号線自衛隊正門前を右折。道沿い左側、駐車場あり。

 木更津で潮干狩の人気スポットである江川海岸に出来た新店である。今年1月君津に1軒目をオープンし、2月木更津駅前とこの江川海岸に相次いでの出店となっている。場所は陸上自衛隊正門の並び、県道87号線沿いである。現在道路拡張工事が進められている道沿いだ。駐車場もかなりの数完備しているので車でのアクセスが便利だろう。店はテーブル席のみでかなり広々としてゆったりとした作りになっている。オーダーは入り口にある食券機で。オープン日とあって、開店早々に満席で待ちが出ていた。平日の昼ということもあり、どちらかといえば年輩客が目立った。

 基本的なラーメンのスープは2本。博多で修業した職人が作る白濁豚骨スープと、鶏ガラベースの清湯スープである。豚骨スープで「とんこつしょうゆ」「みそ」(各600円)を、清湯スープで「しょうゆ」「しお」(各600円)を作る。その他はトッピングバリエーションとチャーハンなどのサイドメニューになっている。

 基本メニューとなる「とんこつしょうゆ」は、家系のようないわゆる豚骨醤油ではなく、スープ的には博多系の白濁豚骨ラーメンと思って間違い無い。豚頭、豚骨、鶏ガラなどをじっくりと強火で煮出したスープに若干の背脂が浮いたスープは、博多のラーメン店で修業経験のある店長が作っている。ていねいに下処理がされていて臭みもなくなめらかなスープで、しつこさを感じさせない味わい。しかも厨房に構えた大きな釜と竈は特注。具はバラチャーシュー、万能ネギ、胡麻、ネギ、紅ショウガとこれも博多流を踏襲している。ただ麺はいわゆる博多的な低加水麺ではなく、中細縮れの中華麺を使っている。これはこの土地に合わせたのと、他のメニューとの流用も考慮しての選択のようだ。確かに個人的には博多のポキポキの麺を合わせたくなるが、この地のお年寄りは面喰らうだろう(笑)。また清湯系の「しょうゆ」は、あっさり鶏ガラで縮れ麺、なるとも乗ったいわゆる「中華そば」の基本といったラーメン。個人的には醤油ダレが強くベーススープが弱い、塩分の強いバランスに感じた。カエシを落とすか、ベースがもっと出てくればよりバランスもよくなると思う。

 ラーメン好きに訴えかけるというよりも、地元密着のファミリー向けのラーメン店といったメニュー構成で、味も奇を衒わずに無難にまとめあげているという印象。地元の家族連れにとっては非常に使いやすい店だと思う。ただ、いずれは自家栽培のネギを使った限定メニューなども登場、これはむしろラーメン好きに訴えかけるメニューになる予定だ。(Ricky)

2007.2.28