こってりらーめんもひかん【閉店】


こってりらーめんもひかん

ジャンル
背脂

基本メニュー
醤油とんこつらーめん(600円)

場所
富里市七栄140-2

電話
閉店しました

営業時間
11:00〜14:00,18:00〜22:00

定休日
水曜

アクセス
東関東自動車道「富里IC」下車。国道409を八街方面(右方向)へ。七栄北交差点(上海菜館)を右折。丁字路(看板有り)を左折(富里高校方面)。道沿い右側。駐車場有り。


 拉麺少年隊の面々が拾ってきた10/14開店の新店情報であった。「もひかんってお店が出来たみたいですよ」名前を聞いてなんだそりゃ、店員がモヒカンなのか(爆)てなもんである。「よっしゃ、場所はどこだ?」「富里ッス」「富里のどこだ?」「…(^-^;)」というわけで、場所を調べるよう命じておいたのである。そんな折りに木更津担当海苔おじさんよりタレコミ情報が入り、この日早速昼間に駆けつけてみた。

 場所は富里高校に程近い、国道から少し入った閑静な住宅街の一角。なんでこんなところに拉麺屋さんなのよ、という場所である。しかし国道沿いに看板が出ていたので難なく見つけることが出来た。元中華屋さんだったという情報通り、以前あった店をちょっと改装したかな、という程度の外観。はっきり言って外観ではそそらない。しかし「もひかん」というネーミングは非常に気になる。早速勇気を持って店内へ。

 店内は昼間というのに閑散としていた。広い店内はカウンター16席に座敷が12名ほど入れそうなスペースを持つ。その広い店内に客は私一人。店員さんも一人。マンガや新聞が置いてあり自由に読めるようになっている。しかしそこに石神氏の最新ラーメン本があるのを私は見逃さなかった。むむむ、これはもしかしたらもしかするかも。店員さんと思しき人が水を持ってきた。…!まさに「モヒカン!」金髪というか茶髪の短めに刈られた頭は、周りは剃られてたしかに真ん中が突き上がっている。をを!なんという心意気。早速基本のメニューと思われる「醤油とんこつ」をオーダーする。ん?ちょっと待てよ、この店員どっかで見たことあるなぁ。気のせいかなぁ。

 程なくしてラーメンが到着。そしてそのラーメンが上の写真である。先程の疑問はこのラーメンを見た瞬間に氷解した。「な、なりたけ!」。先程の店員さんは、確かに「なりたけ@本八幡」にいた人物である。間違いない。そしてはやる心を抑えつつラーメンに手を伸ばす。麺は幅広タイプの中太麺、地元成田の池田製麺所の手による特注麺である。茹で加減も絶妙でしっかりとした歯ごたえと旨味を感じる麺である。スープは背脂豚骨スープ。なりたけよりも醤油ダレのバランスが強く逆に化調が少ない味わい。スープの温度も背脂にありがちな低さではなく、ある程度の熱さを保っている。具はモヤシとネギ、そしてメンマにチャーシューである。チャーシューはバラ肉のロールタイプだが、脂分が少な目でそれなりの歯ごたえを感じるタイプ。外観から期待していなかったのもあるのかも知れないが、かなり満足出来る一杯。

 疑問を解決すべく、モヒカン店員とお話。やはり氏はなりたけ本八幡店の副店長であった市之瀬氏であった(石神氏旧ラーメン本にも載っている)。約4年なりたけにいたが、今回この店に請われてやってきたのだそうで、ラーメンについては全て任されているとのこと。なりたけよりもあっさりと、かつ美味しいラーメンを作りたいとのことであった。場所が場所だけに夜遅くなると客足は落ちるが昼はそこそこ入っているとのこと。確かに私が帰る時には半分くらい店は埋まっていた。背脂好きの方は一度訪れても損はない店、ラーメン好きな店主の丁寧なラーメンを食することが出来る。店主お薦めはやはり「醤油」だそうである。(Ricky)

2000.11.9