麺屋夢幻(閉店)

外観(06.5.7)

ダブルラーメン(06.5.7)

基本メニュー こくまろ(600円)
所在地 君津市外箕輪106-1
電話 0439-54-8884
営業時間 11:00〜24:30
定休日 第1月
アクセス 館山道「君津インター」下車。県道92号を国道127号方面へ。国道を左折し直進、「外箕輪」交差点先、国道沿い左側。駐車場あり。

 4/26にオープンしたばかりの新店である。国道127号線沿い、外箕輪交差点に程近い場所にある店舗は、外から見た感じとしては小さそう。店の前に駐車スペースが4台分ほどあるので車で行くのに便利、というよりも車でしか行けないロケーションではある(^^;。

 店内はカウンター4席、テーブル席4名用が3卓に2名用が1卓。厨房とホール併せて5名程が働いている。お昼時をちょっと過ぎたあたりだったが、満卓状態で早くも人気のようだ。メニューは「こくまろ」「醤油」「塩」がそれぞれ600円。その他にも「味噌」(700円)「特・夢幻」(950円)などがある。味噌は現在1日10食限定になっているそうだ。まぁ基本というか一番最初に書いてあるのは「こくまろ」なのでそれにしようかとメニューをよく見たら「ダブルラーメン」(700円)の文字が。メニュー写真にひかれて(笑)そちらにオーダーを変更。

 ダブルラーメンと聞くと、大盛りなど量が倍なのかなとも思ったが、この店のダブルは味がWなのである。2つの丼を1つにくっつけたような器には、向かって左に醤油ラーメン、右に塩ラーメンが入る。ラーメン版「HALF & HALF」ってところかな。どちらにもそれぞれチャーシューやメンマ、海苔なんかが入ってくる。ミニラーメンが2つくっついた感じで、このビジュアルが目の前にあるとなかなか楽しい。まぁこの器の難点としては丼を持ってスープをすすれないことかな(^^; 他の組み合わせでのダブルラーメンが出来るかどうかは未確認だが、注文をして何も聞かれなかったので醤油と塩の組み合わせしかないのかも。

 麺は内房のラーメン店御用達の文明軒。茹で加減が若干柔目なのも内房スタンダード。スープは醤油の方が若干酸味が立った味わいで、地元の田中醤油製の醤油を使っているとのこと。素材は基本的に地元産を使っているようで、他にも豚は三芳村の「まほろばポーク」だったり、味噌は袖ヶ浦の露崎味噌糀店、鶏や卵はやはり三芳村産とのこと。MADE IN CHIBAのラーメンというのは嬉しい。一方の塩はネギ油の香りがして非常に丸い味わいで、こちらは瀬戸の塩とモンゴル産の天然塩をブレンドして塩ダレを作っているのだという。ちなみに化学調味料は使用していないそうだ。

 ちなみにどのラーメンも大盛りはなく、替玉のみ(150円)で、丼を渡して入れてもらうスタイルになっている。またキリンドラフトマイスターに認定されているスタッフが5名いるようで(認定証が飾られていた)、ビールのオーダーが入るたびに「おいしい生が入りました〜」と声掛けしているのは面白い。スタッフも皆声を出して元気に接客をしようという姿勢は認められる。県内の遠方や県外などから足を運ぶほどの吸引力を持った店ではないが、地元の方は一度行ってみても損はしないだろう、という店だと思う。(Ricky)

2006.5.7