中華レストランみろべー


中華レストランみろべー

ジャンル
中華

基本メニュー
地獄ラーメン(600円)

場所
佐倉市井野1444-26

電話
043-487-3531

営業時間
11:00〜15:00,17:00〜21:30

定休日

URL
http://www.mirobe.net/

アクセス
京成線「志津」駅北口下車。国道296号(成田街道)を左折(勝田台方面)。国道沿い右側。セレモはす向かい。ローソン隣。駐車場あり。


 成田街道は勝田台と志津の中間地点にあるこの店。実はJRA準会員の渋渋お薦めの店であった。近いわりにはなかなか行く機会に恵まれず、また見た感じ「どうなの?」という怪しさも手伝って避けていたのだが、この日は勝田台の丸長へ行こうと車を走らせ、途中で定休日ということに気づき、替わりにこの店へ来ることに(笑)。

 「中華レストラン」という古ぼけた看板に、怪しいキャラクター。そしてまるで週刊誌の見出しを思わせるメニュー看板がいやがおうにも目に入る。「地獄ラーメン」「宗吾郎ラーメン」「黒胡麻ラーメン」などの怪しい文字がバンバン掲げられている。勇気を振り絞って店内へ。

 お昼の部の終わり頃ということもあってか、店内に客はいない。店はテーブルが26席ほど。カウンターも20席近くと大きな店内。また厨房もかなり大きい。店内には外観を越えるたくさんのメニューが張り巡らされている(この店内や外観の様子はぜひこの店のHPをご覧下さい)。持ってきたメニューも写真入りで、とにかくラーメンの種類が半端ではない。そしてどのラーメンも一風変わったメニューばかり。お酒の香りがする「庄助ラーメン」八街産ピーナツがふんだんに使われた「宗吾郎ラーメン」など、興味をそそるものばかりであったが、取りあえず渋渋お薦めのメニューである「黒ゴマラーメン」(690円)を注文する。あ、もちろん味付玉子(50円)も忘れずに。

 そうこうしている内にラーメンが到着。う!く、黒い!写真では見ていたものの、やはり本物が出てくると迫力がある。とにかくスープが黒い。味噌ベースのスープはたっぷりの黒ゴマがすられて浮いている。そしてスープの上には数個の松の実が載せられている。このスープはちょっと甘みがあり、そして酸っぱさもあり、かつ辛みもある。一言では言い表せない深みと旨味のある味わい。味噌の味も胡麻の味もする。そして実に飲みやすくうるさくない。麺はいわゆる中華玉子縮れ麺で特筆すべき点はないが、茹で加減などは申し分ない。具は白菜や人参、ネギなどの野菜がたっぷりと入っていてボリュームもある。変化球のラーメンではあるが、いやらしくなく美味しくまとめ上げられている。はっきり言ってこの店へ入って、このラーメンを頼んだことは「正解」であった。

 こうなると他のバリエーションも実に気になるところ。この店のHPへ是非行ってみて、その店の怪しさとメニューの豊富さに圧倒されて欲しい。きっと一度は行ってみたくなるはずだ。(Ricky)

2001.2.6