南青山

外観(08.8.18)

らーめん白(08.6.12)

担々麺ごはんつき(08.6.12)

つけ麺+味玉(08.8.18)

セット用半チャーハン(08.6.12)

基本メニュー らーめん白(680円)
所在地 八街市八街は46-101
電話 043-444-6878
営業時間 11:00〜翌3:00
定休日 なし
アクセス JR総武本線「八街」駅下車。国道409号線を富里インター方面へ。国道沿い右側。駐車場あり。徒歩困難。

 「つけ麺+味玉」があったので注文してみた。 つけダレが独特な味ですネ。 魚介豚骨ですが、背脂、挽肉、ピーナッツ、辛味噌などの 脇役がコクと旨味を演出しています。炙りチャーシューも 旨いです。(*´∇`*) 自家製中太ストレート麺もこのスープに文句無く合っています。

 それにしても、このような場所で深夜営業するのは勇気のいる事なんじゃないでしょうか? (私だけの先入観かナ?)( ̄へ  ̄)=3 (ももちち)

2008.8.18

 本日、11時を少しまわった頃に到着。10人ほどの列がありました。平日なので少な目か?

 店外にはどてちんの店長さん。中を覗くと青山氏の姿が!!見た事のある顔ぶれが結構いましたが店長さんは不明。。。食券を買って15分程外で待機、店内に案内され10分程待機。オペレーション的には、初日ですがまずまず。接客はさすが。

 風邪のため、午前中に病院行ったので味に関しては参考にならないのでよろしく。「らーめん白」(680円)の普通が到着。見た目九州とんこつに八街のキャラクターでもお馴染みピーナッツの粗砕きがのっていました。スープ自体は、非常に濃厚でよく麺に絡むが、くせも無くあっさりいける。麺は標準では柔らかめか?初日だからか判りませんが次回からは「バリカタ」で。テーブルの上の無料トッピングは、紅しょうが、にんにく、からし高菜。このからし高菜を加えるとまた違った感じになり美味。一度で二度おいしい。次回は替え玉時に味を変えてみよう。にんにく油の黒も喰いたい。チャーハンも喰いたい。おなじみのデザートも。。。(あきら)

2008.6.16

 麺屋青山の手掛ける新業態店。店鋪でいえば4軒目、ブランド名でいえば3つ目ということになろうか。今回のお店は豚骨ラーメン店で、以前から考えていた豚骨ラーメンがようやく完成したのでこの店を立ち上げたのだとか。落とし気味の照明にステンレスのカウンターが非常にスマート。壁には焼酎が並べられたり、個室もあったりと、ロードサイドであることを忘れさせるまるで都内の繁華街にあるお店のような雰囲気。

 メニューは「らーめん白」「らーめん黒」(680円)「つけ麺」(680円)「担々麺」(780円)。ラーメンの白と黒というのは油が白はピーナツ油、黒はマー油という違いなのだそう。また担々麺は以前麺屋青山臼井店で出した限定メニューがベースになっている。また中華時代の仲間が店長を勤めているそうで、その技が光る「チャーハン」(680円)「半チャーハン」(300円)もある。ちなみに「半チャーハンらーめん」(880円)という嬉しいメニューも。

 ベースのスープは豚骨、豚皮など豚オンリーの素材を半日以上炊き上げた白濁スープ。濃度粘度ともに濃いめの味わいで関東の人がイメージする九州豚骨のイメージからは外れていない味わいだと思う。ピーナツ油の他に、豚背脂も溶けていて油の甘味もあるがしつこさはあまり感じさせない。そこに辛味噌が乗っているのだが個人的にはこの量ならば不要かな。というのも全部溶かすと最後にはこの辛味噌の味が強くなりすぎてしまうので。少なくするかもしくは別添の方がスープの良さが分かると思った。自家製の細ストレート麺が加水率28%、切り刃#28と博多ラーメンを彷佛とさせる麺。若干茹で加減は柔目に上がっているかと思うが、これは好みだろう。具は大きな炙りチャーシュー、キクラゲ、万能ネギなどで、面白いのはピーナツが乗っているところ。八街という場所を意識したのだろうが、ピーナツ油の味とも相まってなかなか良かった。またチャーハンも塩分強すぎず、胡椒なども強すぎず、しっかりラーメンとのバランスが考えられている味になっていた。

 「担々麺」は最初からごはんがセットでついてくる。これは途中もしくは最後にご飯を入れて食べて欲しいということのよう。ベーススープは同じなので結構濃い味わいだが、辛味も抑えられていて芝麻醤なども控えめ。真ん中に乗っているトマトの中には刻んだ具材が詰まっていて、崩していくとスープに具が広がり変化が楽しめる。これはなかなか手が込んでいてレギュラーメニューとしては大変な作りになっているが、食べる側からすると大変嬉しい。スープが濃いのでご飯ともマッチしていた。

 麺屋青山、どてちん、南青山と3つの店でそれぞれ独自の個性を放ち、どれも完成度が高いのはさすが。南青山が八街一の行列店になるのも時間の問題だろう。(Ricky)

2008.6.12