拉麺店情報

麺家一心


麺家一心

ジャンル
豚骨醤油

基本メニュー
ラーメン並盛(550円)

場所
四街道市四街道1-4-8

電話
043-424-8787

営業時間
11:00〜15:00,16:30〜21:00

定休日

アクセス
JR総武本線「四街道」駅北口下車。駅前ロータリーを出て左折し四街道交差点方面へ、道沿い右側。


 四街道に就職してから、四街道でラーメンは食べてなかったのですが今日行ってきました。6時頃で店内には2人ほどのお客さんがいました。カウンターに着くと「こちらに記入してください」とのこと。よくみると注文票。麺の量やらゆで加減、油の量、味の濃さを○で囲むんです。壁に向かったカウンターといい、ついたてがあったら一蘭みたいだなー。

 中盛ほうれん草増しで注文しましたが、出てきたラーメンは家系そのものです。長多屋製の麺は短く、やっぱり家系。茹で加減は少し堅めかも。スープの濃度があまりあるほうではないので、千葉市内で家系食べてる人には物足りなさを感じると思います。かといってかえしで強引に引っ張るわけでもなく、鶏油の甘さが際立ってました。トッピングが結構いいだけに、スープの濃度が出てくるとこれは期待の救世主となってくれるはずです。あと、550円は安いなぁと思いました。前にあった店よりは期待度大ですよね?(かみやま)

2004.4.27


 四街道が不毛の地と呼ばれて久しい。今後も美味い店なんぞできるわけもなかろうと、半ば自虐的な気持ちになっていた今日この頃であったが、そんな矢先に駅前に新店ができた。自称本格派を名乗っていた店のあとということもあり、期待しすぎないようにと思いながらも、とりあえず足を運んでみた。

 店内は4人がけのテーブルが2つに、カウンター席が7席。あと8〜10人ほど収容できそうな座敷席がある。フロアスタッフは女性が2名、厨房内には店主とおぼしき方の他に男性4名。全員が「麺屋一心」のそろいのTシャツを着ており、意気込みの高さを感じさせます。席の前に注文表が置いてあり、スープの濃さや油の量、麺の固さを指定できるようになっている。最初ということで、「ラーメン並盛」を注文した。

 出てきたラーメンのビジュアルは家系そのものである。チャーシュー2枚にノリが3枚、ホウレンソウに若干のきざみネギ、後は煮玉子がデフォでのる。麺は長多屋製麺のものを使用している。まずはスープからいただく。私はそれほど頻繁に家系のラーメンを食べる方ではないのだが、個人的には正直スープの濃度が低く、ちょっと拍子抜けの感じを受けました。もちろん家系をうたっている訳ではないので、こちらが勝手に見た目から予想した味と違っていただけなのであるが…。まあライト豚骨醤油というのが妥当なところであろうと思う。開店当初ということでスープが安定していない可能性もあるが、濃厚な豚骨醤油好き(濃厚家系好きも含む)にとっては物足りない味かもしれない。

 しかしながらライト豚骨醤油と割り切ってしまえば、バランスはそれほど悪いものではない。オペレーションも今ひとつではあったが、そのうちに徐々に慣れてくるであろう。この界隈(四街道)で食べると言う事であれば、十分に及第点の店だと思う。まだまだ救世主とは言いかねる部分もあるものの、個人的にはこれからの成長を大いに期待していきたい。(SATO-C)

2004.4.26