麺屋大馳

外観(08.9.9)

醤油らーめん(08.9.9)

和風らーめん(08.10.17)

基本メニュー 醤油らーめん(630円)
所在地 野田市大殿井150-206
電話 04-7199-8452
営業時間 11:30〜15:00,17:00〜22:00
定休日
アクセス 東武野田線「梅郷」駅東口下車。国道16号線南部工業団地入口交差点を越えて直進。ふれあい市場手前の信号を左折し直進。道沿い左側「大殿井ショッピングセンター」内。駐車場あり。

 場所柄数多くのメニューを揃えるこの店だが、店主のイチオシは「和風らーめん」(630円)なのだという。確かに前回食べた背脂ラーメンはいわゆるギタギタなタイプの背脂チャッチャ系というよりは、ちばき屋のようなうっすらと浮いた感じのラーメンだったので、和風ラーメンもさぞかし美味しかろう。

 スープは基本の動物系スープに魚介スープを合わせたダブルスープ。動物系スープは地養鶏の鶏ガラや雄の丸鶏、ゲンコツを使用していて、魚介スープはアゴ、イワシ、アジ、貝柱などが入っているのだそう。背脂が浮かない分よりストレートにスープの美味しさが感じられる。こちらもまた背脂ラーメン同様に強烈な印象はないが、ていねいで誠実な味わいがする。具はチャーシュー、メンマ、海苔、玉子(半個)、カイワレ、白髪ネギとやはり頑張っている。白髪ネギの上に刻み柚子が乗っているが、正直なくてもいいかな。特に冬以外の時期は無理して乗せなくてもいいように感じた。

 いずれにしても、奇をてらうことなくいい意味で万人受けするラーメンで満足。チャーハンも自信作だというのでこれはチャーハン好きの皆さんは行かねば!(Ricky)

2008.10.17

 野田の梅郷団地内に今年5月に出来た新店である。以前柏市内で10年以上ラーメン店をやってらっしゃったご主人が新たに立ち上げたのだそう。団地の中の古いショッピングセンターの一角に一際目立つ真っ赤な看板に「らーめん」の文字と、その上に小さく「自家製麺」。お店の外観自体は写真のように木の質感を活かした落ち着いた雰囲気。店内に入るとL字カウンターに小上がり席で、都合20席程度はあるだろうか。そこをご主人一人でやられているようだ。自家製麺の看板通り、店内の奥にはガラス張りの製麺室が見える。

 メニューはラーメンとつけ麺で、「醤油らーめん」「塩らーめん」「和風らーめん」(各630円)「味噌らーめん」(680円)「辛味噌らーめん」(790円〜)「醤油つけ麺」(680円)「味噌つけ麺」(740円)「辛味噌つけ麺」(790円)。あとは「チャーハン」(630円)「肉野菜炒め定食」(790円)などもある。自家製麺は3種打っているそうで、醤油、塩ラーメンは細麺、味噌は中太、つけ麺はまた別の中太麺を使っている。注文時に細麺を中太麺に変更することは可能だそう。さらに醤油と塩は「まろやか」(背油少なめ)「こってり」(背油多め)を選ぶことができる。最初なので「醤油らーめん」を普通でお願いした。

 ていねいな作業で作られたラーメンは、綺麗なビジュアルの背脂ラーメン。麺は自家製の細麺だが、細というよりも中太気味の太さで縮れている。年輩の方が多い地域柄を意識してのことかもしれないが茹で加減は柔らかめ。しかし決して茹で過ぎということではない。スープは軽いベースで背脂の甘い味が溶けている感じ。具はチャーシュー、海苔、玉子(半個)、カイワレ、ネギと少なからず多からずでこの価格にしては頑張っていると思う。

 インパクトとか強烈な印象はないが、優しい味わいのすっきりした背脂ラーメンは若い人から年輩の方にまで愛されるであろう味わい。良質で誠実なラーメンという印象の一杯であった。(Ricky)

2008.9.9