らーめんめんぱち


らーめんめんぱち

ジャンル
醤油

基本メニュー
黒らーめん(600円)

場所
松戸市松戸新田119

電話
047-308-3437

営業時間
11:30〜翌1:30

定休日
なし

アクセス
新京成線「松戸新田駅」下車。県道281号(松戸鎌ヶ谷線)を松戸(国道6号)方面へ。県道沿い右側。むさし野並び


 また松戸に新店である。場所は県道281号線のラーメン街道。しかもあの「むさし野」から直線距離100メートル足らずという場所にである。ここは以前お弁当やさんだった場所のようだが、まったく新しい建物を建てて準備を進めていた店である。開店時を避けて時間を空けて行ってみた。

 この店の店主は松戸市内でもラーメン店を営んでおり、同じ名前で行くのかと思ったら、違う味で勝負したいので店名も違うものにしたようだ。店の前には駐車場も完備しているので、車で行く場合も安心だ。気になるラーメンは3種類で、黒(しょうゆ)白(白味噌)赤(辛味噌)と色で分けてある。やはり基本は黒だろうと、黒を食券機で買う。すると店主が「こってりとあっさり、どちらにしますか」と聞いてきたので、お薦めを聞いたところ「こってりがよく出ますね」とのこと。で、店主さんはどっちが好きなのか聞いてみると「自分もこってりの方が好みですかね」とのことなので、それならとこってりを注文した。

 店はなかなかお洒落な雰囲気で、L字カウンターが12席程、そしてテーブル席も8席ほどある。平日お昼時を外した時間帯で、数名の客の入りであった。やはりお昼時と夜は混雑しているようで、当初予定していたよりも火口が足りずに、厨房の増設工事をするのだそうだ。目の前でラーメンが作られていくが、背脂が登場してなかなか結構な量を振りかけている。予想していたよりも量が多くてびっくり。

 麺は西東京市にある三河屋製麺で、県内では珍しい麺屋さん。麺の食感や印象はこれといって特筆すべき点はないが、別に悪くもない。茹で加減は申し分なし。スープは豚骨と鶏ベースのスープにサバ節やこまいなどの魚を加えたもの。Wスープではなく2段仕込みのスープだそうだ。実はこのラーメンは試作段階で一度頂いているのだが、随分印象が変わったのに驚いた。背脂があるから、という部分は差し引いても、意外と魚がおとなしくなってしまっていた。決して悪くはないのだが、凡庸な普通の味ではある。

 店主曰く開店当初から客の反応を見て味を色々いじったようで、魚を強くするとお客さんに不評だったようだ。それで現在の味に取りあえず落ち着いている様子。これからこのラーメンがどうなって、どう受け入れられていくのか、それはそれで楽しみではある。今度は味噌を食べてみようと思った。★★★(Ricky)

2003.4.9


 私も昨日、近くのスポーツセンターの帰りに立ち寄りました。午後5時過ぎぐらいで、店内は待ち行列も含めて満席。家族連れが殆どでしたが、以外に回転良く10分程度で座れました。まずは生ビール(80円!!)。プールでひと泳ぎの後だったので、旨いの何の!生ビールってこんなに甘くて旨っかたんだなぁとシミジミ。

 そして肝心の醤油ラーメンですが、ビールの旨さの感動で余り印象に残りませんでした。醤油味の筈なんですが、何となく味噌の味もするし、生麺タイプのインスタント・ラーメンぽかったかな。ラーメン300円・生ビール80円で合計380円なら文句いえないなぁと思ったら、定価に戻ると1000円超えちゃうんですね。隣りの「むさし野」を差し置いて、めんぱちリピートは無さそうですね。(とりがみの兄貴)

2003.3.23


 私は昨日行って来ました。白と黒に味玉、そして餃子を注文。餃子はニンニクが強いもの。値段からすると普通ではないかと。ジャンルは豚骨になるのでしょうか、魚介系の香りもしましたけど、そんなに強い香りでも無かったので、おそらく「こまい」のようにゆっくり出るんだけど個性の有るような、そういうものを使用しているのではないでしょうか。

 麺は山路さんが言われているように三河屋製麺を使用。茹で加減は丁度良い感じでした。しかしスープのコクが薄い為か、麺の香りが強く感じてしまいました。軽く3回程の湯切りで丼に入れてしまうので、スープが薄まってしまうのかも知れません。白は白味噌を使用したもので、スープを啜るとスーっとした面白い感じでした。こちらもコクが薄めで麺が勝っている印象。開店したばかりでまだ未完成なのかな?完成すればコクが出るのかも知れませんね。

 同行者は女性でしたが、デザートサービスが貰えなかったと怒っておりました(;^_^A(Kan's)

2003.3.23


 皆さんの情報で場所もしっかり分かったので穏やかな陽気の朝、松戸まで自転車でひとっこぎしてきました。開店前に20人ほどの列で食べ終わった12時頃には店内外に40人ほどの列になっていました。

 今日は醤油と餃子、じゃこおかかご飯を券売機で購入。半額セールなので合計550円。うれしい。しかもチラシの生ビール券を持参する中生が88円で飲める。チラシが無くて悔しい。ここの券売機は複数枚購入する時には最初に連続購入ボタンを押さないと、メニューボタンを押すとすぐおつりが出てしまうタイプです。ほとんどの人が知らないので何度もお金を入れ直すことになり、券売機の前が大渋滞でした。

 さて、味の方ですが醤油は豚骨風味が感じられる濁ったスープで餃子ともども、ごく普通にうまかったですが、醤油よりみそがおいしそうでした(特に白みそ)。隣の青年は注文した醤油と白みそが同時に出されたので、一瞬とまどったようでしたが猛然と2杯を平らげていました。混雑時だけにそこまで配慮はできないのでしょうね。フロアに2人、厨房内に5人と万全の態勢で手際よくラーメンや餃子が作られていました。200円のデザートも女性は無料だそうです(明日まで?)(イケマル)

2003.3.21