旭川ラーメンますや【閉店】


旭川ラーメンますや

ジャンル
旭川

基本メニュー
醤油ラーメン(600円)

場所
千葉市中央区富士見2-22-5

電話
043-202-7055

営業時間
11:00〜翌2:00/土11:00〜15:00

定休日

アクセス
京成線「千葉中央」駅下車。ロータリーを線路に沿ってJR千葉方面へ。右側マツダの角を右折、道沿い右側。


 試行錯誤という言葉がまさにふさわしいのはこの店の事かも知れない。開店して1ヶ月を待たずして厨房の工事、併せてメニューの大幅な見直し、早くも新装開店である。開店当初からスープについては賛否両論が相次ぎ、古くからの常連さんは昔の味を惜しみ、新しいお客さんは満足。結果として店としてはスープの味をメニュー共々変えてきた。

 上記の写真に注目して欲しい。左が開店当初のラーメン。右がリニューアル後のものである。これはもう見た目から別物としかいいようのないラーメン。丼も変わっていた。前回のスープについては?であったので、期待してラーメンを眺める。前回にはなかった表面の油の層、そして膜。スープの上に熱々のラードが浮かべてある。心静かに蓮華を取り、いざ勝負である。をを!これは!前回感じた甘みがなく、強烈に出汁の味わいと醤油の旨味が入ってくる!これはスープについては大正解かもしれない。旭川のテイストが十分感じられる出来に仕上がっている。

 また具であるが、前回不評だったコーンはトッピングに下がり、デフォ状態ではチャーシュー・メンマ・ワカメ・ネギ、実にシンプルにまとめた。前回は今一つと感じた旭川製麺の麺も今回は茹で加減もよく、スープに合っていた。ますやの新装開店はとりあえず成功ではないだろうか。(Ricky)

2000.8.24


 新店ラッシュの千葉エリア、先月末にまた一軒オープンした。7月25日にオープンした店、それが「ますや」である。以前弁天町にあった「ますや」(現らーめん八海)の復活という店である。

 新しい店らしく外観も内装もピカピカで綺麗である。レイアウトはカウンター7テーブル16小上がり4というキャパ。メニューは醤油・味噌・塩と3つのラインを揃える。そして新たなメニューとして「かけラーメン」(500円)が登場。この「かけラーメン」はメンマと葱のみが乗るシンプルなもの。とりあえず旭川と言えば「醤油」。よって醤油ラーメンにチャーシューと味付玉子を乗せて注文する。ちなみにデフォ状態ではチャーシューが乗らないのである。

 麺は従来の加藤ラーメンとは太さも加水率も異なった麺。この変化は賛否両論あるだろうが、旭川といえばボソボソ麺という刷り込みを受けている私はあまり好きではなかった。スープはちょっと甘みを感じる濃い口の醤油スープ。このスープも今までとはテイストを変えてきたが、この変化も難しい。決してまずくはないのだが、もう一ひねりあってもいいかもしれない。旭川の醤油にしては、実におとなしい、没個性のアプローチ。しかしスープについては元常連さん達の不満が相次いだようで、スープを変更する方向性なようである。具はチャーシュー・メンマ・コーン・モヤシ・タマネギ・葱。中華鍋で炒めた野菜が熱々で美味。またトッピングの味付玉子は、写真でもお分かりのように濃厚な色をしている。黄身にまで味が染み込んでおり◎。

 このスープといい、この野菜を炒めた物といい、むしろ味噌の方がお薦めかもしれない。再確認を要する店であることは間違いない。(Ricky)

2000.8.2