MASTER PIECE(閉店)


外観(11.9.1)

味玉マー油とんこつ(11.9.30)
マー油とんこつ(11.9.1)

スタミナとんこつラーメン(11.9.1)
濃厚とんこつラー油つけ麺(11.9.30)

所在地 勝浦市墨名262-5
電話 0470-70-2200
営業時間 11:30〜14:00,19:00〜22:00
11:30〜14:00(日)
定休日
アクセス JR外房線「勝浦」駅下車。駅前すぐ。

大きな地図で見る

 というわけで勝浦に再びやってきてこちらのお店を再訪することに。気になるラー油タンタン系のメニューは「とんこつラー油タンタン」(750円)「味噌とんこつラー油タンタン」(900円)「しょうゆタンタン」(750円)「濃厚とんこつラー油つけ麺」(800円)の4種類。いわゆる勝浦タンタンメンとは異なり、タマネギなどをラー油で煮た具が乗るわけではなく、通常のラーメン類にラー油で辛味を加えて刻みタマネギなどを乗せたものがこちらのラー油タンタンになる。

 今回お願いしたのは「濃厚とんこつラー油つけ麺」。こちらの麺は細ウェーブの麺で、地元の製麺所「竹屋製麺」の麺を使用している。基本的に豚骨ラーメン系はめんつう製で、それ以外は竹屋製麺製ということのようだ。ベースとなるスープは基本の豚骨と同じだが、そこに宗田節やカツオ節、サバ節などの節系がたっぷりと入ったもの。とはいえ、昨今の豚骨魚介系という味わいではなく、あくまでも豚骨の味を節系が支えているような印象。そこにラー油と生タマネギがたっぷり入る。辛さはさほど辛くなくスープの甘味もしっかり感じさせるバランスで良い。こちらにもラーメン同様岩海苔が入っているのだが、風味が良くて麺とも良く絡んで来て美味しい。

 まだまだ引き出しをいっぱい持っていそうなご主人。今後の新メニューなどにも期待がかかる。要定点観測のお店が勝浦にまた登場だ。しかし、RAG TIMEといい、ラーメン専門店ではない注目店が勝浦には多い。とても興味深いラーメン文化を持ったエリアだと思う。(Ricky) Check

2011.9.30


 勝浦駅前にあるダイニングバーでラーメンを出しているという情報が寄せられたのは昨年の暮れのことだったと思う。店自体は2009年にオープンしていたそうだが、ラーメンメニューを出し始めたのは昨年の10月とのこと。駅前のロータリーすぐという好立地ながら、店の前にはラーメンやつけ麺の幟は立っているが、それがなければまずラーメンを出しているとは思わない雰囲気。店の中に入るとDJブースがあったりスピーカーが積まれていたりと、ますますアウェー感が押し寄せる印象だ。しかし、ここでは間違いなくラーメンを食べることが出来るのだ。

 ご主人は勝浦出身ではないそうだが、元々武大生ということもあって、土地勘のある勝浦に店を構えたのだそう。埼玉にあった「俺達の麺Style BooBooKing」などで経験を積んでいたので、ラーメンに関してはプロ。豚骨ベースと清湯ベースのスープが用意されていて、主なメニューとしては「とんこつラーメン」(680円)「マー油とんこつ」(750円)「魚介しょうゆラーメン」(680円)などの他、ニンニクとタマネギが入る「スタミナとんこつラーメン」(800円)や、勝浦らしくラー油タンタン系として「とんこつラー油タンタン」(750円)などのメニューも揃う。バラエティに富んでいて選ぶのに迷ってしまうほどだが、もちろん基本となるラーメンはBooBooKing同様の豚骨ラーメンということで期待が高まる。

 やはりBooBooKingのイメージがあるので、「マー油とんこつ」をオーダー。豚骨はゲンコツや背ガラの他に頭まで入れた本格的なもので、そこに廃鶏も加えることで豚と鶏の旨味が入っているのは、マー油も含めて熊本ラーメン的な構成。豚骨臭さは一切なく適度な濃度と粘度を持った、ていねいにとられた上品な白濁豚骨スープだ。マー油も焦げをあまり感じさせることなく、スープと調和している。具には珍しく岩海苔が入っているが、二種類のネギと共にスープと良く合っていて美味しい。低加水の細ストレート麺は新潟めんつうにオーダーしたものだそう。ザクッとした食感が良い。強烈な個性はないが、白濁豚骨が皆無に等しい南房エリアでこの豚骨ラーメンが味わえるというのは素晴らしいな。

 もう一品「スタミナとんこつラーメン」は、たっぷりのニンニクにザク切りの生タマネギと生卵が入った一杯。ニンニクの味とタマネギの適度な辛味がスープに良いアクセントを加えていて、そこに生卵が溶けることでまろやかな味わいになっている。刻みタマネギ好きの僕としてはこちらも非常に美味しく感じた。

 意外といっては大変失礼だが、まさかこんな場所でこんな正しいラーメンにありつけるとは思わなかった。次回はラー油タンタン系のメニューも挑戦してみたい。(Ricky)

2011.9.1