東葛◯角MARUKAKU

外観(09.10.7)

ラーメン(09.10.7)
まぜそば(09.10.7)

基本メニュー ラーメン(700円)
所在地 柏市今谷上町71
電話 04-7190-5645
営業時間 11:00〜翌1:00
定休日 なし
アクセス JR常磐線「南柏」駅出口2下車。ロータリーを超えて南柏駅入口交差点を右折し県道261号へ。県道沿い右側。近隣にコインPあり。


 南柏駅の南側、県道261号線沿いにオープンの新店。はす向かいには同じく今年オープンした新店の「麺や亀」がある立地。大きな看板には金文字で◯に角の字が書かれている。このイメージからも想像出来るように、こちらはいわゆる角ふじ系のお店。本家から独立した新松戸の「山勝角ふじ」の4号店になる。「雅商會」も今年の出店だったので、この出店ペースは驚きである。

 店はL字カウンター10席。券売機で注文するシステム。「ラーメン」(700円)「つけ麺」(750円)など基本的には角ふじと同じメニュー構成だが、使用する素材や製法をすべて見直し再構築したことから、敢えて角ふじの看板を外して別屋号にて出店をしたそう。

 基本の「ラーメン」のスープを飲んでみると、確かにベースは従来の角ふじよりも濃度が上がり、ゲンコツなども多めに入って炊き出され、どちらかといえば軽めのスープが多い角ふじ系の中ではとみ田の富田氏が厨房に立っていた頃の柏の角ふじ的な、しっかりとした味作りになっている。チャーシューもバラロールの厚みがあるもので、細かな部分でブラッシュアップされている印象だ。

 カネジン食品の極太麺は固めに上げてあり基本で200g。中盛は250g(+50円)で、大盛は300〜450gから選択(+100円)になっている。さらにその上があり、特盛が500g〜900gで+200円、さらに漢盛は1kg〜1900gで+300円、極漢盛は2kg〜3kgで+400円だそう。まぁ普通の人なら基本から中盛、多くて大盛で十分だろう。

 他のメニューの中で面白かったのは「まぜそば」(800円)。麺ひたすらワシワシと喰らう一杯で、魚粉やうま辛ジャン、揚げねぎ、チーズ、カレー粉などが無料でチョイス出来るが、この中でお勧めなのはうま辛ジャンとチーズ。意外にもチーズがよく合っていて美味しかった。逆にカレー粉はカレーの風味が強過ぎてカレーの味しかしなくなってしまうので、味の変化が楽しみ辛いと思う。

 他にも自家製唐揚げをトッピングしたという「チキンラーメン」(800円)や「みそモツラーメン」(850円)など、気になるメニューも数多く並んでいた。それはまた次の機会にチャレンジしてみようと思う。(Ricky)

2009.10.7