五代目らーめん処まるは商店


五代目らーめん処まるは商店


外観(12.4.29)

豚そば(13.4.29)
鶏そば(13.4.29)

味玉醤油そば(13.4.29)
濃厚鶏魚介味玉つけ麺(13.4.29)

◯は流醤油味玉つけ麺(13.4.29)
チャーハン小(13.4.29)

本気のぎょうざ(12.4.29)

所在地 船橋市高根台6-43-14
電話
営業時間 11:00〜24:00
定休日 なし
アクセス 新京成線「高根木戸」駅下車。イオン高根木戸店の前を松が丘方面へ。道沿い左側、BOOK OFF隣。共用駐車場あり。

大きな地図で見る



 京成大久保の人気店「らーめん処◯は」による新店舗が5月1日高根木戸にオープン。非公開のプレオープンにお呼ばれしたので足を運んでみた。場所は駅から歩いて数分の街道沿いで以前は「吉野家」だった場所。隣にBOOK OFFがあり、2Fにはマッサージ「りらく」がある。店の裏手にはそれらの店舗と共有の駐車場も完備しているのと近隣にはコインパーキングも多数あるので、電車のみならず車でのアクセスも便利。店名に「五代目」と掲げられているように、まるは系列のお店としては5店舗目となる。市原の二代目に船橋の三代目…。ラーメン好きからすると「あれ?四代目ってあったっけ?」ということになろうが、千葉の通称ナンパ通りにある昼はラーメン、夜は鶏料理店という二毛作業態の「まる鶏(まる串)」が4店舗目にあたる。なのでこちらが五代目に。

 今回の店はとにかくデカい。席数は70席程の大箱である。カウンター席の他、間仕切りしてあるテーブル席や大テーブル席などが綺麗に配されていて、色々な使い途で使えそうなレイアウト。これまでの店と異なり券売機ではなくてファミリーレストランのようにホール担当がハンディターミナルで管理し、会計は終わった後にレジで行うスタイル。この日はプレオープンということもあったからかも知れないが、厨房もホールスタッフもとにかく人が多かった。10人以上はいたんじゃないかな。

 席の多さ、スタッフの多さもさることながら、驚くべきはメニューの多さだ。これはもうラーメン専門店というよりもラーメンレストラン。麺類以外にも定食やおつまみも充実している。夜などは居酒屋的な利用も想定してのメニュー構成という印象。気になる麺類はラーメン、つけ麺合わせて全部で5種類。千葉県横芝産豚を使用した「豚そば」(680円)と、千葉県佐原産錦爽鶏を使用した「鶏そば」(680円)が二枚看板か。他に鶏清湯の「醤油そば」(700円)と「濃厚鶏魚介つけ麺」(780円)「◯は醤油つけ麺」(780円)がある。他にも「チャーハン」(400〜700円)や「高菜チャーハン」(450円〜750円)や「本気のぎょうざ」(300円)などの定番サイドメニュー。さらにまるは名物の「錦爽鶏のからあげ」(300〜500円)や「厚切りハムカツ」(450円)などの揚げ物類、「特大チキン南蛮定食」(750円)「からあげ定食」「レバニラ定食」(700円)などの定食類も揃う。いやはやこれは凄いぞ。

 まず今回のお店で初めて登場した「豚そば」。これがこちらのメインメニューとなるのだろう。「◯は流新博多スタイル」ともあるように、いわゆる博多ラーメンのスタイルを踏襲した一杯は、かなり濃度の高い豚骨スープが印象的。麺はカネジン食品の極細ストレート低加水麺で、スープがびっくりするくらいに絡んでくる。もちろん麺の固さはハリガネからやわまで選ぶことが出来る。スープは濃厚で旨味に溢れているものの豚骨臭や素材感には乏しく、いわゆる豚骨好きには物足りない風味かも知れないが、一般客には受け容れやすい味わいではないかと思う。具は炙ったバラチャーシューにキクラゲ、博多万能ネギ、海苔という構成。もう一つの「鶏そば」は上記豚そばのパッケージを鶏白湯で表現したもので、具材や麺などのパーツはまったく一緒。こちらの方がいい意味でクセがあって素材感も感じられた。「替え玉」は1玉120円の他に半玉70円もあり、さらに面白いのは刻みチャーシューや魚粉、ネギ、脂、タレなどが入った「和え玉」(半玉150円、1玉200円)があること。これはそのまま食べても良し、ラーメンに入れて味を変えても良しの万能アイテム。普通に替え玉するよりもこちらの方が面白いかも知れない。

 「醤油そば」は鶏清湯の醤油味で麺は同じ番手の細麺ながら生地の違うもの。油分もそこそこあって背脂なども浮いていて甘めのタレが印象的。「濃厚鶏魚介つけ麺」は昨今流行のスタイルだが、甘みや辛味に頼った調味ではなくスープの旨味で食べさせるタイプのつけダレに、加水率高めの太麺が合わせられている。個人的には「◯は醤油つけ麺」が柚子や焼きネギなども入りどことなく日本蕎麦の鴨南蛮を連想させて面白いと感じた。つけ麺や餃子には柚子胡椒がついているが、この柚子胡椒がなかなか美味しくて楽しめた。「チャーハン」はパラリと仕上げられていてちょっと塩度が足りないかなと思ったが許容範囲。餃子は皮が厚めでもっちりしたもので餡に味がついているのでそのまま食べても美味しい。さすが5軒目ともあってどのメニューも美味しく頂けた。

 気になるのは厨房及びホールのオペレーション。接客自体は非常に好印象であったが、オーダーミスなどのドタバタが多かった。もちろん練習の意味も兼ねたプレオープンなのでこの日のオペレーションそのものにまったく不満は無いが、これだけのメニューをこの広い店で出していくとなると厨房もホールも相当練り込まれたオペレーションが期待されるし、それが出来るかがちょっと心配だ。ましてやオープン間もなく祝日営業が続くとなっては、開店当初はかなりの混雑と混乱が起こるのは想像に難くない。新店ハンター以外の方はある程度落ち着いてから来店された方が良いかも知れない。(Ricky)

2013.4.29

Check